カテゴリー:ビジネスマン・ことば考

  • 使い方で響きが変わる尊敬語

    使い方で響きが変わる尊敬語

    目上の方や、クライアントにメールを出したりする際に、敬語の使い方はつい我流になってしまいがちです。 発信者はこれで良しと思ってみても、当の受け取る本人に対して、その言葉がどんな響きを持つかということまで配慮ができれば、…
  • 「れる」「られる」の危険性について

    「れる」「られる」の危険性について

    特に目上の方や、新たに取り引きを始めるクライアントの前では、慣れないうちはとにかく敬語を使うことを意識しすぎて、かえって変な日本語を使いがちです。 一見、しっかりしているように見えても、教養のなさを相手に印象づけたり、…
  • 「お持ちしてください」… 「ご注意してください」…

    「お持ちしてください」… 「ご注意してください」…

    ふと同僚から、こんなメールが来ました。 「また何かありましたら、私までご連絡してください」 この「ご連絡してください」に、違和感を覚えませんか? また、クレジットカードで買い物をするときに、店員さんが「こちらに…
  • 「とんでもございません」は、とんでもない!?

    「とんでもございません」は、とんでもない!?

    「君のやる仕事は早くて、正確だねぇ。周りからの評価も高いよ?」 「とんでもございません!」 よくあるやりとりだと思います。 目上の方に褒められると、こみ上げてくる嬉しさを抑えつつ「とんでもございません!」と言う…
  • 「〜してあげる」の、おかしな使い方・総点検

    「〜してあげる」の、おかしな使い方・総点検

    料理教室のテレビ番組で、こんな言葉がよく聞かれないでしょうか。 「お魚を切ってあげまーす」 「鶏肉を揚げてあげまーす」 「ホウレン草を茹でてあげまーす」 「片栗粉をまぶしてあげまーす」 この場合の…
  • 多用していませんか?「ギョウカイ用語」

    多用していませんか?「ギョウカイ用語」

    私も、マスコミ関係、とりわけ映像制作に関わる方々と一緒に仕事をすることがよくあります。 そこでよく耳にするのが「ギョウカイ用語」。 「あご」は「食費」を意味し、「あし」は「交通費」を意味するそうです。 一般の人…
  • 「役不足」と「力不足」

    「役不足」と「力不足」

    私たちは、知らず知らずのうちに、完全に勘違いをした言葉づかいをしている場合があります。 たとえば、「役不足」と「力不足」って、同じような意味だと思っていませんか? 多くの人が、どちらも「その役目を果たすには力が足…
  • 「〜してください」よりも、「〜していただけますか」

    「〜してください」よりも、「〜していただけますか」

    仕事上、同僚から依頼内容がメールで送られてくることは頻繁にあります。 なかでも、その同僚の怠慢とか落ち度により私への依頼が遅れたことによって、非常に厳しい日程で作業をこなさなければならないこともあります。 そんなとき…
  • 「ご苦労さま」「お疲れさま」、どっち?

    「ご苦労さま」「お疲れさま」、どっち?

    ふだん仕事をしていて、最もよく使う言葉として、労をねぎらう「お疲れさまです」があります。 仕事の最中でも、仕事が終わったときにでも、この言葉はよく使います。 今ではもう、あいさつ代わりにこの言葉を使いますよね。 メ…
  • 「〜のほう」の使いすぎに注意!

    「〜のほう」の使いすぎに注意!

    前回記事「『よろしかったでしょうか』は北海道から来た?」にも書きましたが、アルバイト敬語と言われるものは、誤った言葉づかいによるものなので、注意が必要です。 たとえば、これもよく耳にする言葉として、 「お席のほう…

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る