カテゴリー:こころの自由空間

  • 聞き上手が「運」をもたらす

    聞き上手が「運」をもたらす

    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。 何年もずっと変わらず、好成績をキープし続ける彼女に、周囲は一目置き、社長もことあるごとに褒め讃えていたものでした。 こう言うと、さぞかしバリバリ仕事ができて…
  • 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人

    非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人

    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。 あるいは、いま常識であることが、十年先、二十年先では非常識だとされることだってあるかもしれません。 たとえば、ガリレオ・ガリレイの…
  • ムダなことは、一つもない

    ムダなことは、一つもない

    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。 ある日、足軽大将になった藤吉郎が、家来に対して、お茶をいれてくれと命じました。 すると、藤吉郎の妻・ねねが、「私がいれましょう」と言い、席をサッと立った…
  • 人から感謝されると、自分を好きになれる

    人から感謝されると、自分を好きになれる

    自分のことが嫌いになることって、ありますよね。 やることなすことすべて裏目に出るようなときには、「自分はなんて運が悪いんだろう」と嘆き、人と比べて不条理な出来事が多く続けば、「自分はどうしてこんなに不幸なんだろう」と悲…
  • 異なる価値観を受け入れることは、最高の修行

    異なる価値観を受け入れることは、最高の修行

    「あの人、苦手だなぁ」 そんなふうに思っている人が、少なからずいるはずです。 人はそれぞれ、生まれも育ちも異なりますよね。幼い頃からどんな影響を受けてきたか、どんな家庭環境で育ってきたか、あるいはもともと備わって…
  • 「何をやったらいいかが分からない」という人

    「何をやったらいいかが分からない」という人

    「このままじゃいけないはず」 「何か新しいことを始めて、現状を変えなきゃ」 「人生を変えたい。でも、自分が何をやりたいのかがイマイチ分からない」 こんな悶々とした日々を過ごしている人も、決して少なくないのではな…
  • 「取る」のではなく「与える」ことで運が開ける

    「取る」のではなく「与える」ことで運が開ける

    人に何かを与えることを損だと考えたり、人から何かをもらうことしか考えないという人がいます。 「損をしたくない」という気持ちは大なり小なり人にはあるものですが、この考え方は、自分自身の運不運に大きく影響を与えていると思い…
  • すべてを投げ打つということ

    すべてを投げ打つということ

    アメリカで、「あなたも必ず成功できる」と題した講演会があったときの話です。 講演では、成功者とされる講師の体験談を中心に話が進められました。 その中で、「私は、チャンスがきたときに全財産を投げ打って、それに賭けた…
  • ときには無償で働くのも良し

    ときには無償で働くのも良し

    誰だって、自分が、自分以外のために時間と労力を使って働けば、働いたぶんに見合った報酬を欲しがるものです。 請求をするのが当然ですし、報酬がもらえないとなると、何らかの行動を起こすのが当たり前ですよね。 一人の、と…
  • わらしべ長者

    わらしべ長者

    若い人はあまり知らないかもしれませんが、日本には「わらしべ長者」という民話があります。 話のあらすじは、こうです。 きわめて貧しい一人の男が、まず最初に、虫のあぶを付けたわらしべを子どもにあげたら喜んでくれて、そ…

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る