気配りを言葉で表現する

気配りを言葉で表現する

これをお読みの方も同様だと思いますが、対面でないコミュニケーションとして、電話やメールというツールを使うことは、近代ビジネスマンにはもはや欠かせなくなりました。
表情や身振り、特にメールにおいては声のトーンさえも表現できないので、微妙なニュアンスを伝えきるためには、「言葉づかい」そのものの表現スキルがとても大切。

たとえば、よくあることとして、上司や取引先に向かってこんな一言。
「出張先からWebメールはできますか?」

Webメールというのは、メールソフトを使っての送受信ではなく、Gmailなどインターネットブラウザを利用してメールを閲覧する方法です。特定の端末ではなく、どこにいてもブラウザさせ開けばメールの送受信ができることが利点ですね。無料で使えるということもあって、どの団体や組織においても重宝されています。

こうした機能を、ふだん何気なく使っている人にとっては、こうした質問というのは「出張先にはPCを持って行けないでしょうから、Webメールの送受信ができればこちらとしては助かるのですが」という意図しかないわけです。

でも、その目上の方がネット関係が苦手だったり、ある種コンプレックスをもっていたりすれば、少し不快に感じるかもしれないですよね。

自分の能力を問われているような誤解を生む

こんな風に、「〜できますか?」というのは、あくまで深く考えず、無意識に発した質問だったとしても、相手の方は自分の能力(できるか、できないか)を問われたかのように聞こえ、不快な思いをしているかもしれません。

たとえば
「出張先からWebメールはできますか?」
「出張先ではWebメールはお使いになりますか?」
とすれば、特に能力を問うような聞こえ方はしないはずです。

他にも
「今の説明はわかりましたか?」
「ご理解いただけましたか?」
これらも、下手をすると、理解力があるかないかを試されているような気になる人もいるでしょう。
「説明が足りないところはございませんでしたか?」
「言葉が足りない箇所はございませんでしたか?」
こんな風に、自分の説明不足、語彙不足をまずは前提として、相手の方に分かってもらえたかどうかを尋ねれば、相手は決して不快な思いをすることはないでしょう。

相手の方が目上であれ目下であれ、相手の立場や気持ちを考慮し、不快感を与えないような言葉づかいを心がければ良いのではないでしょうか。
決してかたくるしく考えずに、相手を不快にさせない、それどころかデキる奴だと思ってもらえる
そんな言葉づかいを、日ごろからしていきたいものですね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る