アーカイブ:2016年 5月

  • 「イエス・アンド話法」で意見を通していく

    「イエス・アンド話法」で意見を通していく

    「イエス・アンド話法」という言葉を、聞いたことはありますか? 対人心理学の言葉だそうですが、これは、自分の主張する内容に対して否定されたときに用いると有効です。 その話法というのは、自分の主張に対して、それを否定…
  • 自分と相手との「共通点」をいかに早く見つけるか

    自分と相手との「共通点」をいかに早く見つけるか

    「苦手だと思っていた人が、話してみると意外と意見が合うことが分かって、仲良くなれそうだと思った」 「この人とはウマが合わないだろうと思っていたが、子どものことで同じ悩みを持っていることが分かって、そこからはよく合って話…
  • 相性の悪い人と付き合ってこそ、人は成長できる

    相性の悪い人と付き合ってこそ、人は成長できる

    えてして私たちは、気の合う人と群れたがるし、相性の合う人と仕事をしたいと思うものです。 気兼ねしなくてもいいし、誰だってそのほうが楽ですよね。 反対に、相性が悪いと思う相手と付き合ったり、一緒に仕事をしたりすると…
  • 人を信頼するのは80パーセントにとどめておく

    人を信頼するのは80パーセントにとどめておく

    人から裏切られたことは、ありますか? 裏切るという表現は少しオーバーかもしれませんが、相手が自分の気持ちに応えてくれなかったとか、味方だったはずが敵に回ってしまったとか、一方的にフラれてしまったとか、学生の時分や社会人…
  • 「許す」ことは、厳しくするより大事

    「許す」ことは、厳しくするより大事

    四六時中、不機嫌そうな顔をして、事あるごとに部下の失敗を叱り飛ばす。 こんな経営者は、たしかにいます。 ほかでもない、かつて私がいた組織のトップが、そんな人です(笑)。 相変わらず業績は低迷が続いているようですが …
  • 自分が話す二倍ほど、相手の話を聞く

    自分が話す二倍ほど、相手の話を聞く

    黙って人の話を聞くことが、苦痛になることって、ありませんか? それが苦痛であればあるほどに、延々と話し続ける相手の声に耳を傾けながらも、「あなたの言っていることよりも、私の考えていることのほうがはるかに重要なことな…
  • 「自己重要感」を高める頼み方

    「自己重要感」を高める頼み方

    人に何かを頼むとき、また反対に人から何かを頼まれるとき、また上司であれば部下に何かを命じるとき、どんな頼み方をされるとやる気になるのか、考えたことはありますか。 「これ、たのむね、やっといてね」 「いつも急ぎで悪…
  • いろいろな「ほめ方」でやる気になる

    いろいろな「ほめ方」でやる気になる

    人から「ほめられる」というのは、何にも勝る喜びだと思いませんか。 自分が認められて、自分のした仕事が認められると、自分自身の存在価値を強く認識することができて、安心できると同時に自信もつき、「次も頑張ろう」という意欲も…
  • 間違いを他人から指摘されることの「得」

    間違いを他人から指摘されることの「得」

    自分の間違いや過ちを他人から指摘されると、つい意地を張って、その間違いを認めたくないことってありますよね。 それをあらかじめ自分で分かっているのに他人から言われると、なおさらかもしれません。 プライドがある人は、それ…
  • 「半眼」の姿勢で生きられたら

    「半眼」の姿勢で生きられたら

    とてもショックな出来事に見舞われたり、取り返しのつかないような重大な失敗をしたり、とても解決策が見つからないような深刻な問題に直面したりしたときに、誰だってその現実から目を背けたいし、直視することを避けるために「目を閉じ…

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る