しかったら、ほめる。追い詰めてはいけない

しかったら、ほめる。追い詰めてはいけない

部下を持つ人は、日々、部下への接し方で悩むことも多いのだろうと思います。
仲良く、和気あいあいと仕事ができていければそれに越したことはありませんが、ときには注意をしなければならなかったり、さらには叱責する必要が生じることもあるかもしれません。
もしそれで関係がこじれるようなことにでもなれば、せっかく築き上げた上司と部下の信頼関係を、そんな些細なことで失いたくないものですよね。

一代でホンダという自動車メーカーを世界的な企業にまで成長させた本田宗一郎の名を知らない人は、まずいないでしょう。
本田宗一郎は、部下をしかった後、必ずほめることを忘れなかったという点でも有名ですよね。

仕事やプロジェクトが組織にとって大切であればあるほど、そこにおける失敗やミスがあれば、当然上司は部下に対してしからなければならない場面も出てくるでしょう。
しかし、しかられた部下は当然良い気がせず、ときには落ち込み、ときには自信さえ失うこともあります。
それどころか、自分をしかった上司への反抗心みたいなものも芽生えることがあります。
こうした状態になると、部下の、仕事に対するやる気がなくなることになります。

本田宗一郎は、この点に配慮したのではないでしょうか。
だからこそ、しかった後はほめることを忘れなかったのでしょう。

反省して改善し、さらなる発奮を

人をしかるとき、つい、「あれも言っておきたい、これも言っておきたい」と思い、相手をこれでもかというほどに追い詰めてしまうことがあります。それこそ、相手が立ち直ることができないくらいに。
これでは、相手は反省して至らなかった点を改善するどころか、完全にやる気をなくすことになります。
こうなると、しかるほうはそれで一時的に気持ちがスッとするかもしれませんが、しかられた相手にとっては、たとえ自分に非があることが分かっていても、しかった人に対して恨みすら持つこともありますよね。ひょっとしたら、将来、その相手に足をすくわれるようなことが起こらないとも言い切れません。上司と部下が逆転することだってあるわけですから、仕返しなどという事態が起こらないともかぎりませんしね。

しかられても、その後できちんとほめてもらえれば、しかられた部分についてはきちんと反省して、ほめられたところについてはもっと頑張っていこうと、気持ちを整理することができるはずです。
ここから発奮して、さらに能力を伸ばしていくことにもつながるわけですよね。

これはなにも、上司と部下との関係にかぎった話ではないでしょう。夫婦、親子、友人知人などあらゆる関係においても、大いに参考になると思いませんか。

関連記事

PickUp

  1. 船はいつになったら出港するのか
    「船は港にいれば安全だが、船はそのためにつくられたのではない」この言葉を聞いたとき、なるほどなと…
  2. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  3. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  4. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  5. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る