1日の睡眠時間は長いほど良い?

睡眠時間は長いほうが良い?

かの有名なナポレオンは、3時間。
エジソンは、4時間。
レオナルド・ダ・ヴィンチは、1.5時間。

これ、何の時間か分かりますか?
(と、もったいぶるようなものでもないですけれども……)

そう、正解! 1日の睡眠時間だそうです。

本当かどうかは別として、世に名を知らしめるような人たちは、たいてい睡眠時間が短いというのはよく聞く話かもしれませんね。

決してマネをしているわけではないですが、私も睡眠時間は短いです。
(単に日中の作業要領が悪いからだけなのですが。。)
睡眠時間を少々削ってでも、仕事や趣味にあてたいと思って、つい夜更かしをしています。。

皆さんは、睡眠はちゃんととっていますか?
ちょっとだけ医学的な見地から、睡眠のことを考えてみましょう。

人間の自律神経には、活動をつかさどる「交感神経」と、リラックスをつかさどる「副交感神経」があって、この2つがバランスを取り合って生命活動を維持しています。

でも、特に現代人は、環境や生活習慣からか、交感神経のほうが働きすぎることで、いろいろな体のトラブルにつながっていると言われています。
そうであるならば、副交感神経というものの働きを高めて、バランスをとってやればいいわけですよね。

交感神経と副交感神経のバランスをとる「睡眠」

そのためには、そう、睡眠が何より重要になるのです。

でもですね、長時間ダラダラと寝っぱなし、というのも、決して良いわけではないようです。
皆さんもよく聞くことだと思いますが、やはり大切なのは、時間よりも「質」なのだそうです。
何事もそうですよね。

人間の体は、睡眠に入ってからおよそ3時間の間に成長ホルモンを分泌するそうです。
成長ホルモンというのは、がん化しかかった細胞の修復や、病気の予防とか改善といった、体のリフレッシュには欠かせないホルモンだそうです。

さらに、これも聞いたことがあると思いますが、睡眠には、深い眠りの「レム睡眠(これは、体が眠っている状態を指す)」と、浅い眠りの「ノンレム睡眠(脳が眠っている状態を指す)」があるとのこと。
これが、およそ90分ごとに交互に訪れるそうです。
体と脳を十分に休ませるためには、それぞれが2回は必要だと言われています。

こうしたことから、成長ホルモンの恩恵を受けながら、レム睡眠とノンレム睡眠を2回ずつとるとすれば、少なくとも6〜7時間の睡眠が必要という計算になります。

2014年度、厚生労働省から「健康づくりのための睡眠指針2014」が発表されたようです。
この指針では、眠くなってから床につき、起きる時間を一定に保つことが推奨されています。
その睡眠時間ですが、10代前半までは平均8時間以上、25歳で約7時間、45歳は約6.5時間、65歳は約6時間というように、歳とともにだんだん短くなるとされています。
また高齢者は、若い頃のようにたくさん眠ろうとして無理に床にとどまると、かえって睡眠の質が落ちることも指摘されているようです。

私も睡眠のことを軽視していましたが、皆さんも、睡眠を一度見直してみませんか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る