願ったり、すがったりしないで

願ったり、すがったりしないで

景気の低迷などから、仕事などがうまくいかず、自信喪失を余儀なくされた人も少なくないのではないでしょうか。
誰もが自信を持って生きたいものです。そのためには、悩み(心配事)を取り去り、クヨクヨしないことが肝要だと過去記事で書いてきましたが、いったい「悩み」というのはどうしたら取り去ることができるのでしょうか。

一つには、自分が抱えている悩み(心配事)の正体は何かをつきとめることです。
自分自身がいま悩んでいることについて、その悩みの正体は何かを素直な気持ちになってしっかり見つめてみると、悩みの原因は自分自身のことか、周囲のことか、過去のことか、未来のことかがはっきりします。
このとき大切なことは、心を裸にして本当の気持ちを出すことですね。そして悩みの正体を見つけだし、原因をしっかり把握してみることです。
そうすれば、ほとんどの場合は、その悩みはすべて自分自身が、もともと何もないところにわざわざ作り出していることだということに気づくはずです。
お金に苦しんでいる人は、お金を「失いたくない、もっと欲しい」とこだわっていませんか。子どものことで苦しんでいる人は、子どもに「こんなふうになってほしい」とこだわってはいないでしょうか。
※過去記事「自分へのこだわりが、悩みや苦しみを生む」「今ある不安の正体は?」参照

解決方法を紙に書き出してみる

悩みの原因が分かったら、次に、その悩みを解決するために自分自身がこれから何をしなければいけないかをよく考えて、最も大切なことから三つ、紙に書いてみましょう。なかなか書けないという人は、もし他の人が同じことで悩んでいて、その解決法はどうしたらよいだろうと相談されたと仮定して考えれば、意外と冷静に答えを導き出せるでしょう。
ただし、その三つのやるべきことも、単に「考え方を変えて」とか、「反省して」やればそれで良い、と思っているようなことを書かないほうがいいですね。大切なのは、頭の中だけで考え方を変えようとすることではなく、行動、アクションを起こすことです。
また、アクションを起こすのは、「今」です。「今日は苦しくても明日は楽になるだろう」ではダメなのです。人生とは「今」なのですから。
某予備校教師の「いつやるの? 今でしょ!」もすっかり有名ですよね。

そうして紙に書かれた悩みの解決法は、もうすでに自分自身が何度も何度も考え、実行しようかどうしようかと、ためらってきたことかもしれませんね。そのことが、この段階で明白になったはずです。
ここまできたら、あとは勇気をもって実行するだけです。
その際、気をつけたいのは、願ったり、求めたり、何かにすがったりしないことです。これについては、過去記事「人に頼るな、自分を頼れ」も参考にしてみてください。
これだけのことをしたのだから報われてしかるべきだ、とか、幸せになれるはずだ、と考えることは、まだ報われていないという負の心を抱くことになり、それだけで苦しくなります。
また、神頼みの精神も自分の弱い心を引き出すことになるので、お勧めできません。
これでは、悩みを克服しようとするあまり、ますます煩悩にとりつかれてしまうことになってしまいます。

大切なのは、いつまでも頭の中で「どうしよう、どうしよう」とクヨクヨ思い煩うことではなくて、具体的な行動に出ることですよね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る