間違いを他人から指摘されることの「得」

間違いを他人から指摘されることの「得」

自分の間違いや過ちを他人から指摘されると、つい意地を張って、その間違いを認めたくないことってありますよね。
それをあらかじめ自分で分かっているのに他人から言われると、なおさらかもしれません。
プライドがある人は、それが「負け」を意味すると思い込んで、悔しいという気持ちがあったりするし、認めることが恥ずかしかったりもします。

でも、一度、間違いを認めなければ、もう後戻りができなくなります。
さんざん間違いを否定しておいて、後になってから「やっぱり間違ってました」なんて言うのは、「子どもみたいに意地を張ってました」と白状するようなもので、それこそ恥ですからね。

最初に間違いを指摘された時点で、潔く間違いを認めることができないと、その間違いを修正するチャンスを失ってしまうことになります。

「本当は間違っているんだけど、今さら認められない」
「あの時、素直に間違いを認めときゃよかったなぁ」
なんて思っても、後の祭りです。

いったん強情を張ったからには、指摘してきた相手の考えがおかしいんだという姿勢を貫き通し、それで押し通さなければならなくなって、ますます困った状況に陥ってしまうことさえあるかもしれません。

一つ賢くなるということ

素直になるというのは、時として勇気をともなうことですが、それはあくまで瞬間的なこと。
いったん素直に認めてしまえば、もう怖いものはなく、堂々と軌道修正ができるので、自分にとっても周りにとってもそれがベストの選択と言えるでしょう。

イギリスの詩人であったアレキサンダー・ポープという人は、「間違っていたと認めるのは、なんら恥ではない。悔しい思いを持つ必要もない。それは言い換えれば、今日は昨日よりも賢くなった、ということなのだから」といったような言葉を遺しているといいます。

自分では気づけない間違いを他人から指摘してもらえることで、自分が一つ賢くなる。
これは事実かもしれないですね。
自分にとって大きなメリットになると思うことができれば、他人からの指摘も、いつだって素直に聞き入れ、認めることができるようになると思います。

また、そこで強がってしまって、間違いを認めないままでいると、せっかくの成長の機を逃してしまうということになるわけですよね。

瞬間瞬間で素直になれることが、最も賢明なことだし、自分にとって最も得になることだということですよね。

「あなたから間違いを指摘されたおかげで、もっと良いものにすることができた。ありがとう」という素直な、楽しい気持ちで、すべてをより良いものにしていきませんか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る