許される人と、許されない人

許される人と、許されない人

Aさんは、ちょっとミスしたくらいではまったく怒られないのに、かたやBさんは、ほんの少しのミスでもさんざん怒られている。というか、嫌みすら言われている。

こういう人、身近にいませんか。

Bさんにしてみたら「不公平だ」「Aさんと私とでは、何が違うんだ」と思うことでしょう。
納得しろというほうが無理ですよね。
まして、Aさんのほうが年下だったりすると、Bさんはなおさら良い気がしないでしょう。

これは有名な話ですが、参考になると思います。

ブッダの弟子が、ブッダに「同じように悪いことをしても、地獄に落ちる人と、そうでない人がいるのは、なぜですか」と尋ねたそうです。
ブッダは、「手のひらいっぱいの塩を、茶碗の水に入れたらどうなるか」と問い返し、弟子は、「しょっぱくなります」というような返答をしました。
「その通り」とブッダは答え、さらに、「では、その塩をガンジス川に放り込んだからといって、ガンジス川はしょっぱくなるか」と尋ねると、弟子は、「そうはなりません」と答えました。

ブッダが言えば何でも正当な内容に聞こえるのですが、水量が全然違う茶碗の水とガンジス川を比べるのも無理がないですか(笑)。

それはさておき、良いことをたくさんしている人は、多少悪いことをしたとしても、それが薄まる(罪が軽くなって地獄に落ちない)という意味なのでしょうね。
逆に、良いことをあまりしていない人は、悪いことをすると、それは薄まらない(罪が軽くならないから地獄に落ちる)。

まあ、あの世に天国とか地獄があるかどうかは別として(迷信だと思いますが)、例え話としては面白いですよね。
もし身近にAさん、Bさんのような人がいたら、よく観察してみると面白いかもしれません。

「言わなくても分かる」人、「言わなきゃ分からない」人

特に会社という組織においては、利益につながる人材は重宝されるもの。Aさんは会社にとってなくてはならない存在なのではないでしょうか。そんな人にネチネチと嫌みを言うようなことはしませんからね。それほど日ごろから会社に貢献しているのではないでしょうか。
少なくとも、Bさんに比べてみれば。

不公平に思う気持ちも無理はないと思いますが、はたで見ている人が、「Bさんのほうが頑張っているのに、どうして?」と思うこともあるかもしれません。
でも、そのBさんの頑張りは、他の人でも代用がきくことだと、上司は思っているのかもしれません。
酷な話ですが、成果主義の現場では、それが現実だと思います。

Bさんが悔しければ、その気持ちに耐えつつ、ひたすら努力を重ねる以外にないと思います。失敗をしても、他者と自分を比べて嘆くだけではなくて、心の底から反省することが必要かもしれないですよね。そうなると顔つきも変わってきます

また、Aさんがそれほど会社に貢献しているのだとしたら、本人もそれなりに努力を重ねてきているはずです。
となれば、何か失敗をしたときに、真摯に反省をする習慣がついているのかもしれません。その姿を知っている上司が、「この人間には、かえってあまり言い過ぎないほうがいい」と判断しているのかも。
上司から見て、「言わなくても分かる」のがAさんで、「言わなきゃ分からない」のがBさん、ということかもしれません。

いずれにしても、これをもって「不公平ではない」ということにできるのではないでしょうか。

関連記事

PickUp

  1. 船はいつになったら出港するのか
    「船は港にいれば安全だが、船はそのためにつくられたのではない」この言葉を聞いたとき、なるほどなと…
  2. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  3. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  4. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  5. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る