花粉症に一発で効く注射は「安全」?

花粉症に一発で効く注射は「安全」?

花粉症で悩んでいる人はいらっしゃいませんか。
私の身近には、ことのほか多く、皆、スギやヒノキの花粉が飛び始める時期になると、苦しそうにしています。
皆、いつもマスクをしているのですが、鼻がズルズルいって、ずっと涙目になっています。本当にツラそうです。
くしゃみも出続けるし、鼻水は止まらない。そればかりか、鼻はつまるし、かゆみさえ出てくる始末。ここまでツラいと、仕事なども手につかないようで、本人たちも参っているようですね。

おそらくもう、「花粉」という言葉を聞いただけで、涙や鼻水が出てきそうな感じです。
いまや「国民病」とも言われているのだそうですね。
知りませんでした。

花粉症というのは、読んで字のごとく、草木から飛散してくる花粉を原因物質(これをアレルゲンと呼ぶそうです)とする「アレルギー症状」なのだそうです。
一度かかってしまうと、完全に治すことは難しいそうで、これまでは患者の方の症状に合わせて薬を使い分ける対症療法を中心にした治療が行われてきたのだそうです。

こうした中で、「1つのシーズンに一回打つだけで、症状が出ない」という全身ステロイド注射というものが、花粉症で苦しむ方々の間で話題になっていたそうです。

少し専門的な内容になりますが、この注射は、ステロイドホルモンというものが配合された、持続性のある薬剤なのだとか。このステロイドホルモンは体にもともとある免疫機能を抑えさせることで、体に侵入した花粉を追い出そうという働きを抑えるため、アレルギー症状が軽減されるのだそうです。

私も花粉症を患ったことがないので、その苦しさはよく分からないのですが、花粉症で悩む人が、一回の注射でそれを逃れられるならやってみたい、という気持ちになるのは当然ですよね。

手軽な注射。でも副作用に注意

ここで注意したいのは、医師の話では、このステロイドホルモンというのは、花粉だけではなく、細菌やウィルスなどといった他の異物に対する体の防御反応も同時に抑えさせてしまうのだそうです。
つまりどういうことかと言うと、花粉症の症状を抑えることができても、反面、他の感染症を引き起こしやすくなる恐れもあるということです。
さらに、そのステロイドホルモンが持続的に効いていると、このホルモンを本来分泌するはずの副腎皮質ふくじんひしつの働きも抑制され、その結果、ホルモンバランスが崩れて、肝臓障害、更年期障害、むくみ、生理不順、さらには精神に変調をきたすなどといった、比較的重いとされる副作用が出てくる心配もあるそうです。

なかなか、万能な薬ってないですね。
そう都合の良い話なんて、なかなかないと言いますか。。

結論としては、花粉症に一発で効く薬というのは存在するようですが、「安全な薬」というのはない、ということですね。

このように、安全な治療が確立されていない花粉症ですが、アレルゲンに体を少しずつ慣らしていく療法を行うことで、なんと、完全な治療も可能になるのだそうです!
これについては、また調べてみますので、分かりしだい記事をアップしますね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る