自慢話は、しすぎないように

自慢話は、しすぎないように

一つ、実例を紹介します。

とある外資系の不動産会社が、海外移住を希望している人たちを対象として、3人の講師を招いて説明会を行ったそうです。このようなセミナーは、最近よく見かけますよね。
3人は、仮にAさん、Bさん、Cさんとしておきます。これら3人とも、海外移住をして成功した実績の持ち主だということでした。
この説明会は好評を呼び、1回だけの開催にとどまらず、以降、2回、3回、4回……と開催されていきました。
しかし、当初3人の講師から始まった説明会でしたが、Cさんだけが2回目からお呼びがかからなくなってしまったというのです。
こうなると、Cさんの何がいけなかったのかという点が気にかかります。
聞けば、AさんやBさんは、自分自身の失敗談を交えながら、海外に移住するためのポイントや注意点を丁寧に話してくれたそうです。
かたや、Cさんは、自分の自慢話しかしてくれなかったというのです。
「今、こんな大きな家で暮らしている」
「こんな良い車に乗っている」
「毎日のようにご馳走を食べている」
Cさんにしてみれば、成功するとこんなご褒美が待っているということを、実感を込めて伝えたかったのかもしれませんが、それを口にするうちに、だんだん心地よくなってきて、自慢話がすぎたのかもしれませんね。

いずれにせよ、ここが他の2人と決定的に違った点だったのです。

失敗談やドジな話をしよう

ふだんではあり得ないような自慢話を聞けば、最初は感動したとしても、だんだん「またか……」と飽きてきますよね。
楽しい話やためになる話であればずっと聞いていたいと思うかもしれませんが、自分には関係のない自慢話ばかり聞かされていると、「この人の話を聞いても楽しくない」と思うようになり、その人のことを避けるようになりますね。
自慢を口にする側は優越感にひたれても、それを聞かされる側は劣等感を味わうこともあるため、不快な気持ちさえ抱くようになります。

自分の自慢話ばかりする人と、自分の失敗談やドジな話をしてくれる人とでは、どちらに誠実さを感じるでしょうか。言うまでもありませんよね。
たとえ優越感にひたれても、それはその場限りの感情となり、人が離れていったのでは、それこそ今後の成功はあり得ないでしょう。
その点、腰の低い謙虚な人というのは、一度成功しても、その成功を持続させるためには自らがどう振る舞うべきなのか、それを確かにわきまえているということですね。

何か良いことがあると、つい人に自慢をしたくなるものです。
でも、自慢のしすぎにはどうかご注意を。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る