自分を支える「プライド」。でも強すぎると…?

自分を支える「プライド」。でも強すぎると…?

「プライド」という言葉は、プラスイメージで使われる場合と、マイナスイメージで使われることの両方がありますよね。

本来のプライドというのは、苦境に立たされたり、人から見下されたりしたようなときに、自分を支えてくれるものですよね。「自分はこんなことでくじけるような人間ではない」といったように。
プライドは、自分を信じていることの裏返しでもあり、強い信念をもって前に進んで行ける原動力にもなります。

そんな「プライド」ですが、一つ間違えると大変なことになりますよね。

このプライドが強くなりすぎると、自分可愛さ、あるいは自分優先の考え方が強くなってしまい、かえって心が激しく動揺することになってしまいます。

たとえば、よくある例として、「同じような仕事をしたのに、同僚は上司からほめられたのに、自分は何の言葉もかけてもらえなかった」という場合です。
決して上司に悪気があったというわけではなく、たまたま同僚にだけ声をかけたということなのですが、それでもプライドが強い人は、「この上司は何も分かっていない」「絶対に自分のほうが良い仕事をしたのに」などと思い、上司も同僚も憎しみの対象にさえなってしまいます。
いわば、「プライドを傷つけられた」ということになるのでしょうが、この心の傷が嫉妬に変わって、そのほめられた同僚の足を引っ張ってやろうという考えすら生ませる可能性だってあります。これが人間関係のトラブルにまで発展してしまい、そうなると後味の悪い結果だけが残ってしまいます。

「プライド」に必要なのは「バランス」

プライドというものが強くあるがために、このようなことが起こってしまうわけですね。

プライドというのは、先に述べたように、自分を支えてくれる信念でもあるので、あったほうが良い面もあるのですが、あまり強くなりすぎると、後々苦しい事態を引き起こす元凶にもなりかねません。

プライドが、そういう両面を併せ持つ以上は、バランスの良い、安定したプライドを、日ごろから持っておくように心がけるべきだとは思いませんか。

バランスの良いプライドを持っていれば、もし自分が声をかけられなくて同僚だけほめられたとしても、素直に「おめでとう」「良かったね」と声をかけてあげることができるでしょう。そして、「よし、自分にも同等かそれ以上の能力があるはずだから、次は自分も頑張ろう」という励みにすることができると思います。
この素直さが発揮できたことが、さらなる自信にもつながるものですよね。

何が起ころうとも、結果的に自分の信念にしたがって、ただ前を向いて前進して行くことができれば、「バランスの良いプライドを持っている」と言えるのではないでしょうか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る