自分より他人の愚かさのほうが目につく

自分より他人の愚かさのほうが目につく

さまざまな要因はあるとしても、私たちがため込むストレスの一番の原因は、やはり人間関係ではないでしょうか。
互いに習慣や価値眼の異なる者どうしが、一緒に仕事をしたりして協力し合わなければならない場面は数多くあるので、やはり人間関係がスムーズだと、ストレスも軽減されるということはあると思います。

フランスの思想家であったヴォルテールは、こんな言葉を残しています。

寛容とは何か。それは人への愛情を持つことである。私たちはすべて弱く、また多くの過ちを犯す。お互いの愚かさを許し合おう。

人はつい、他人の失敗や落ち度がすぐさま目にとまり、それを指摘したり非難したがるものです。
また、そのせいで自分まで迷惑を被るようなことがあれば、なおさらムキになることでしょう。

しかし、よくよく考えてみると、自分自身もそれと似たような失態を、いくつも犯してきていることに気づくはずです。つまらないミスをしては、誰かに迷惑をかけているということは、自分で気づく気づかないに関わらず、あるはずですよね。
失敗のない人というのは、まずいません。
こうした事実に気づければ、他人の愚かさに対しても寛容な気持ちになれるはずだと、先のヴォルテールは言いたかったのでしょう。

他人を許す

このように、人間関係でストレスを溜めず、人と楽しく円満につき合っていくために大切なことは、他にいろいろなテクニックが存在するにせよ、結局は「他人に対して寛容になる」こと以外にはないのではないでしょうか。
「寛容になる」というのは、「人を許す気持ちを持つ」ということですよね。

なにをかくそう、自分もよく失敗しているんだということに気づけば、相手の失敗を許す気持ちも生まれてきますよね。(人間って、勝手なもんだなぁとは思いますが……)
他人の愚かさだけを見ずに、自分の愚かさも知っておくこと。ひいてはそれが、人に寛容になれるコツであり、人を許す気持ちを持てるコツだということですね。

一方的に相手を非難ばかりしていては、自分自身が犯している失敗などに気づくことができなくなってしまいます。それは、長い目で見て、自分自身のためにもなりません。
もし、「人間関係がギクシャクしてるな」などと思うようなことがあったら、一度、その点をチェックしてみて、自分が相手に対して寛容になれているかどうかを見つめ直してみてはどうでしょうか。
相手にとっても自分にとっても、それが大きくストレスを免れる方法であることは、どうやら間違いなさそうです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る