自分の責任を、オーバーにとらえないで

自分の責任を、オーバーにとらえないで

私たちが子どもから大人に成長して、社会人になると、実にさまざまな責任が生じてきます。
期日を守る責任や、一定の仕事を成し遂げる責任、上司としての部下としての責任、家族を養う責任や、子育ての責任などといったように、いろいろな責任を背負いながら生きていくことになります。たとえ嫌々ながらでもです。
「小さかった頃は、気楽でよかったよなぁ」と、一度や二度は思うのではないでしょうか。

でも、責任を持つということが、人間を大きくしてくれることは間違いないですよね。責任を負うことで、より自分の力を発揮しようとして頑張ることは、いろいろな意味で自分の成長を促してくれることになります。
責任感の強い人というのは、周りからも信頼されますしね。

また、なにより、互いに責任を持ち合うことで、秩序ある社会が保たれるということにもなります。

ただし、「責任を持つ」ということについては、程度によっては良いことばかりではないようです。その重圧に押しつぶされて、心身両面において取り返しのつかない事態に陥ってしまうというケースも、近年ではより多く見られるようになりました。

失敗さえしなければいい

特に、まじめな性格の人というのは、いったん責任を負うと、なにがなんでもそれをやり遂げなければならないと思い、気がつくと自分をがんじがらめにしてしまい、窒息寸前にまで自分を追い込んでしまうことがよくあります。そんな息苦しい毎日を、ツラくて苦しい思いをしながら過ごしているという人は、少なからずいるのではないでしょうか。

そんな人は、少しだけ、その責任感を緩めてみてはどうでしょうか。
とはいえ、責任を放棄するということではありません。努力するところはするし、大きな物事を成し遂げるためには、多少の無理もしなければならないでしょう。
しかし、「〜べきだ」「〜ねばならない」と理想を強く求めすぎるところから、ちょっと離れてみて、「100点まで近づけることができたら、なお良いだろう」、あるいは、「最低限やるべきことはやって、余力があればさらに良い成果を出せるように努力してみよう」といった程度に考えておくほうが良いのではないでしょうか。

責任に押しつぶされてしまい、そこで物事が立ちゆかなくなってしまったら、まさに本末転倒になってしまいます。
責任を、あまり大げさにとらえず、「失敗さえしなければいい」くらいに、楽に考えておくことも、ときには大切ですよね。

また、楽な気持ちでいることが、自分自身の力を十分に発揮できることにもつながり、結果的に大きな責任を果たせることになるかもしれません。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る