肝心なのは、学校より家庭(1/2)

肝心なのは、学校より家庭(1/2)

最近は特に、学校や塾という教育の現場で、本来起こってはならないような事件が多く取り沙汰されるようになったと思いませんか。それも、校長や教頭という最高責任者を含めた不祥事も少なからず聞かれるようになりました。これらは以前ではまったく考えられなかったことでしょう。

なぜ、そうした問題が起こるのかを紐解いて考える上で、やはり教員の実情というのを知る必要がありますよね。

私の知り合いにも、教員をやっていたという人が少なくありません。
その方々の中で、かつてこんな悩みを持つ人がいました。
それは、自分の子どもの育て方が分からないということと、学校の生徒をどう指導したら良いかという問題でした。
特に、教師という立場にありながら、自分自身の子どもの教育がうまくいっていない、という悩みが多かったのです。

それを聞いて、まあ、意外に思いましたね。
私が小さかった頃は、学校の先生といえば絶対的な存在であったというか、多少行き過ぎのきらいはあったにせよ、生徒を叱るときには自信をもって大きな声で叱り飛ばしていた、そんな堂々とした姿を鮮明に思い出します。

自分の子どもすらうまく育てられないのに

その知人は、自分の子どもの成績が悪いとか、学校でいじめられて泣いて帰ってくる、そして登校拒否で学校へ行こうとしない、万引きで警察に補導された……等々、自分の子どもの問題をうまく解決できないというのです。自分の子どもさえうまくいっていないのに、よその家の子どもを教えるという、なにかちぐはぐな気持ちで教壇に立っても、自信をもって生徒に教えられないというのです。
自分の子どものことが心配で、気もそぞろ、生徒には事務的に教えているだけで、その結果授業は退屈でつまらないものとなり、結果的に生徒たちも先生に愛想をつかす、という傾向があったようです。

こうなると、先生と生徒との信頼関係はおろか、ふだんのコミュニケーションを築くことすら難しくなってきます。
この知人も辛かったと思います。職業柄、来る日も来る日も他人の子どもに接していれば、「自分の子どもは大丈夫か」と自問自答を繰り返すことも尽きることはなかったでしょう。

現代では、モンスターペアレンツと呼ばれる親たちが勢いを増し、教育の現場に少なからず混乱が起きているようで、教員の悩みもますます膨らんでいくばかりですね。
思えば、モンスターペアレンツという言葉も、学校の先生がどこかで自信をなくしてきて、頼りない印象を与えているからこそ出てきたものなのかもしれませんよね。


※次回【肝心なのは、学校より家庭(2/2)】に続く

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る