約束の期限を守る

約束の期限を守る

皆さんは、「仕事ができる人」というと、どんな人をイメージしますか?

「他人にはないような奇抜な発想ができる人」
「仕事をやり遂げるスピードが群を抜いて速い人」
「どんな商品でも売ることができる人」
「あらゆる面で結果を出すことができる人」

このように、イメージというのはさまざまにあると思いますが、仕事ができるという観点で考えると、一番大切なことというのは、一体何なのでしょうか。

近江商人にまつわるエピソードです。
あるとき、とある商人が丁稚の少年とともに、反物たんものと千両箱を積んだ荷車をひいて山道を歩いていると、山賊に出くわしました。
その商人は、千両箱が入った荷車を放り出して、反物だけをかついで、一緒にいた少年とともに一目散に逃げ出したそうです。
不思議に思った少年が、なぜそうしたのか理由を尋ねると、商人はこう答えました。
お客様に反物を納める納期を約束した以上は、その納期を守らなくてはならない。だから、千両箱よりも反物を優先したのだ」

期限を守れなければ無意味に

ふつうに考えたら、山賊が現れた時点で、まずは千両箱をなんとか守りたくなるものです。それさえあれば、反物のほうはまたどうにでもなると思いますよね。
でも、この商人は、お客様との約束を最優先に考え、行動したわけです。

ここから学べることは、どんなに良い仕事をしようとも、どんなに納得できる仕事ができたとしても、納期や締め切りを守れなければ、依頼者に迷惑をかけることになって、信頼もなくしてしまいかねないということですね。

これでは、何のために良い内容で仕上げたのか、分かったものではありません。

仕事の出来も確かに大切なことですが、それよりも大切なこと、それは、「納期」「締め切り」なのではないでしょうか。
「あの人は締め切りをちゃんと守ってくれる」と思われるほうが、次の仕事の依頼につながりやすいはずです。
結果的に、「あの人にまたお願いしよう」となるので、仕事に困ることもなくなることでしょう。

やはり、物事を依頼する立場に立って考えてみると、いくら良い内容で仕上げてくれたとしても、納期を大幅に遅らせて納品されたら、「次もまたあの人に頼もう」とは、なかなかなりにくいのではないでしょうか。確実さに欠けることは致命的ですよね。

仕事ができる人──。
その一番の高評価が得られるのは、やはり「締め切りや納期を守れる人」ではないでしょうか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る