科学や占いに振り回されず、自分の絵を描いて

科学や占いに振り回されず、自分の絵を描いて

少し前の話になりますが、富士山が大爆発を起こすという提言をした専門家がいました。
それを信じて、引っ越しをした人もいたほどでした。本当に爆発なんて起こしたら、近辺に住む人にとってはそれこそ命にかかわる一大事ですからね。

しかし、実際には何も起こりませんでした。

大地震を予言する占い師もいます。「よく当たる」という占い師であれば、その予言に不安を覚える人も少なからずいるでしょう。
しかし、実際はその通りに地震が起こる可能性は、圧倒的に低いか、もしくは「ゼロ」にかぎりなく近いものだと言えるでしょう。

いくら地質学や科学が進歩をしたとしても、それらの専門家が「絶対に起こる」とか、「絶対に起きない」ということは、神でもないかぎり断言することはできないのですね。
まして、それら学問よりももっと不確かな占いの予言に影響されて、振り回される人というのも、後を絶ちませんよね。

そうして、専門家の提言や、占い師の予言では一切ふれていなかった日に、突如として最大級の地震がやってくるということもあるのです。

つまるところ、個人レベルであっても、地球レベルであっても、明日以降の「未来」がどうなるかなんて、誰にも分からないわけだし、そのなかで予測を立てることがいかに無意味であるかを、私たちは知っているはずです。

不安の延長上に生きない

どんな学問や占星術などをもってしても、確かな予測を立てることは一向にできませんが、それは言い方を変えれば、誰の未来もいわば「白紙」の状態であると解釈することができますよね。
「白紙」であるからには、そこにどんな絵(未来)を描いていくかは、まさに自分しだいですよね。
アテにならない専門家や占い師の話に耳を傾けては、不安な未来をその白紙に描くのではなく、自分が「どうしたいか」、「どうなりたいか」を明確に想い描き、それを白紙の上に描いていく気持ちで、毎日を過ごしていくことですね。

そうすれば、毎日が新鮮な気持ちで過ごせるし、日々が「不安の延長上」にあるという状態から抜けられるはずです。

何の根拠もない他人の意見に振り回されて、未来に対して暗いイメージしか描いていなければ、明るい未来や希望を抱くことができなくなります。

今日から、真っ白い心のキャンパスに、自分の夢、自分の願望を遠慮することなく描いてみようではありませんか。そこに制約を加える必要はないはずです。

自分の未来は、他人が創るものではなく、自分の手で創るものです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る