相手の心を想像しすぎることの危険性

相手の心を想像しすぎることの危険性

「人が私のことを、どう思っているのか」
私たちが生きていく上で、この気持ちというのは、なくてはならないものです。
自分がどう思われているかを察することで、自分を正していくこともできますし、相手が何を欲しているかを推察してあげることもできますよね。
仕事にかぎって言えば、「上司が私にどれくらい期待してくれているだろうか」「どれくらい必要とされているのだろうか」と察することで、それを励みにして、より頑張れるということもあるでしょう。

心理学でいうところの「読心(どくしん)」というのは、このように、相手の心の中を想像することを指すのだそうですが、私たちは、この読心を普通に繰り返しながら、社会生活を営んでいると言って過言ではないでしょう。
いわば、この読心という行為があることによって、他人への気遣いや、自分を律することなどが可能となり、ひいてはそれが円滑な人間関係につながるわけですからね。

しかしながら、この読心によって、「人の心を読む」ということが行き過ぎてしまい、「人の心を読み過ぎてしまう」という場合も、往々にしてあることでしょう。
実は、これが非常にやっかいな問題なのですね。

根拠のない「読心」は、勘違いが多い

それは、相手の心を読み過ぎてしまう、いわゆる「深読み」をしてしまうと、相手に真相を聞くわけでもなく、自分の頭の中で勝手に想像したにすぎない相手の気持ちを、あたかも真実と勘違いしてしまうからですね。

たとえば、朝、「おはよう」とあいさつを交わした際に、相手が素っ気ない態度を取ったとします。相手からしてみれば、ただ単に体調が悪いだけかもしれないし、他に深刻な考え事をしていただけかもしれないのに、「自分のことが嫌いなのかな」とか、「何かあの人に悪いことをしたかな」と深読みをしては、悪いことを思いめぐらします。

また、上司から「期待してるよ。頼むよ」と言われ、初めは喜んでいたものの、また心の深読みが始まると、「期待してるなんて言ってるけれど、内心は、あまり期待なんかしていないんじゃないか」などと勘ぐったりします。

このように、いったん相手の心の深読みが始まると、自らの内にマイナス思考が渦巻いてくるのが、私たちの傾向としてはあるのではないでしょうか。

しかし、実際には、相手が自分のことを四六時中考えているわけでもなく、相手は相手で自らのことで精いっぱいです。だから、深読みも見当違いに終わることがほとんどだということに、皆さんも心当たりがあるのではないでしょうか。

根拠のない状態で、相手の心を深読みしてしまうと、相手のことが嫌いになることもあります。そんな気持ちで相手に接すると、本当に関係が悪くなることもありますので、注意が必要ですよね。

「読心」は、必要なのですが、それもほどほどに。
相手の心を「想像し過ぎる」ことは、要注意です。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る