相手にメリットがあり、自分にもメリットがある

相手にメリットがあり、自分にもメリットがある

私たちは、綺麗事は抜きにして言えば、日々お金のために働いています。
商売をしていれば、自らの利益のことを優先して考えて当然ですし、会社で働くにしても、自分にとって損失になるようなことは避けて通りたいものです。

江戸中期の思想家である石田梅岩という人物をご存知でしょうか。
その昔、石田梅岩が、自らの弟子とともに旅に出ました。
たどりついた山のふもとで喉が渇いたのですが、そこは雨不足が続いていて、小川の水も底をついているような状態でした。
さて、飲み水がなくて困っている梅岩と弟子を見て、一人の商人が大きな樽をかついでやって来ます。そして、こう言ったのです。
「この樽の中には、水が入っている。一杯、一文で買わないか」
梅岩が、「この水はきれいかね」と尋ねると、その商人は、「泉の水ほどではないかもしれないが、川の水だから、十分飲めるはずだ」と答えたので、梅岩はその水を買いました。
その後、弟子が梅岩に、「川の水を売るとは、けしからん奴ですね」と不機嫌になったのですが、梅岩はなんと、「あの男は、あっぱれだ。まことの商人だ」と答えたといいます。
その理由は、こうでした。
私が質問をしたときに、泉の水ほどきれいではないと正直に答えたうえで、適正な値段で、喉の渇きを癒やしてくれた(ニーズを満たしてくれた)という点では、買い手が利を得た。いっぽうで、元手のかからない水を売ってお金を稼ぐという点では、売り手が利を得たことになる

まずは相手の利益を思って

この逸話から、次のような言葉が生まれたのだそうです。

まことの商人は先も立ち
我も立つことを思うなり

商売は、買い手と売り手の双方にとって利(メリット)がなければならない
石田梅岩の言葉から、このような教訓を学ぶことができるのですね。

自分が得をすることだけを考えても、相手に利がなければ、商売も、仕事も成り立ちませんよね。
では反対に、いくら時間と労力を使っても、相手が得をすることだけをしていたら、自分には一切の利益がないので、これまた商売も仕事も成り立ちません。
いわば、双方にメリットがもたらされる事柄でなければ、続けていくことができなくなります。
雇用関係にも、同じことが言えるでしょう。

もしかしたら、こう考えることが賢明なのかもしれません。
「まずは相手に利益(メリット)をもたらそう。その後で自分にもたらされる利益は、相手が喜んでくれた証であり、ご褒美である」
つまり、商売にしろ、いかなる仕事にしろ、それは「お客を喜ばせる競争」だということになりはしないでしょうか。

関連記事

PickUp

  1. 船はいつになったら出港するのか
    「船は港にいれば安全だが、船はそのためにつくられたのではない」この言葉を聞いたとき、なるほどなと…
  2. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  3. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  4. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  5. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る