発熱したときは薬で下げるべきか?

発熱したときは薬で下げるべきか?

昔、かかっていた鍼灸師の先生が、「風邪をひいても薬は飲むな」と、口癖のように言っていました。これは東洋医学の考え方だと思います。
私の祖母も、同じようなことを言っていました。

近年、インフルエンザなどが取り沙汰される割合が高くなり、発熱の際に薬を飲むべきか飲まざるべきか、判断に迷う人もおられることと思い、今回はこのあたりのことを調べてみました。

発熱が長く続くと、結構しんどいですよね。
風邪やインフルエンザに感染すると、38度以上の熱が数日続くこともありますから。

この「発熱」というのは、皆さんもご存じかもしれませんが、免疫機能を担う白血球が、体に侵入した異物(細菌、ウィルス)を消滅させようと必死に戦っている現象ですね。発熱することで、熱に弱い細菌やウィルスを効率よく退治する防御システムが働くわけです。

人の体って、つくずく、良くできていますよね。

だから、風邪やインフルエンザに感染して発熱しても、安易に解熱剤で熱を下げるべきではないようです。薬の力ですぐに熱を下げる行為は、奮闘する白血球の足を引っ張ることにほかならないとのこと。
人間の免疫力は、体温が1度上がればおよそ5倍に高まり、1度下がればおよそ30%低下すると言われています。38度台までの発熱なら、まだあわてて薬で熱を下げる必要はないとのこと。
自然に落ち着くまで、水分の補給を欠かさず、安静を保つように心がけましょう。

薬を服用しない場合は、内臓機能の低下にも留意

しかしながら、内臓機能は熱が1度上がると10%近く低下するという説もあります。
とくに胃腸症状がある場合は、水分補給の不足と下痢、さらに高熱による発汗から急激な脱水となり、全身が良からぬ状態に陥るそうです。
39〜40度の高熱が1日以上続くような場合には、体が受けるダメージも決して小さくはないと考えられます。

こんなときには解熱剤が必要なこともありますが、まずは体を適度に冷やしながら、自然な解熱を試みると良いようです。

昔はよく、熱が出たら額に冷たいタオルを乗せたり、氷まくらを頭の下の敷いたりしていました。
近ごろでは冷却シートでしょうか。(時代の移り変わりを感じます)
でも、おでこを冷やすことは確かに気持ちいいですが、熱を下げるために有効とはならないようです。

熱を効率良く下げようとするのであれば、皮膚の浅いところを走る動脈を冷やし、全身を巡る血液の温度を下げると効果的だそうです。
首筋、脇の下、ももの付け根に、保冷剤などを布で包んで当てることが効果的のようです。

熱が出たとき、このようなことを思い出して、実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る