発想の転換は、本当に大切です

発想の転換は、本当に大切です

何か自分にとって都合の悪いことが起こると、そこからマイナス思考にはまっていく人というのは、決して少なくないと思います。

仕事で、思ったほどの評価を得られなかった。
→ 今回の件で、上司からの評価も下がるかもしれない。
→ 同僚たちからの評価も下がり、自分のことを見下したり、バカにする人も出てくるかもしれない。
→ しだいに職場で必要とされなくなり、自分は居づらくなるかもしれない。
→ 会社に通うのが辛くて辛くてしかたがなくなるかもしれない。
→ 会社を辞めなければならなくなるかもしれない。
→ 新しい仕事が見つからずに、お金に困ることになるかもしれない。
→ 誰にも相手にされないようになり、どう生きていっていいか分からなくなるかもしれない。

こうした思考がどこまで進むかには個人差があると思いますが、誰しもがこのように、落ち込んだ気持ちを引きずりやすい傾向にあると思います。
ほとんどの場合、こうした予測のとおりに事が運ぶことはありませんが、特に日本人は繊細なだけに、よりこうした思考パターンに陥りやすいと言えるのではないでしょうか。

物事には、必ずプラスの面がある

一度、こうしたマイナス思考に陥ってしまうと、なかなかそこから抜け出せないというのは、誰しもが経験することではないでしょうか。
そのため、大切になってくるのが、「発想の転換」ですよね。

仕事で、思ったほどの評価を得られなかった。
→ すぐに改善点を見つけ出して、次に活かすことができたら、今回期待していた以上の評価を、次回得られるはずだ。

今回の件で、上司からの評価も下がるかもしれない。
→ たとえ評価が下がったとしても、それは、自分の仕事をよく見てくれている証拠だ。ならば次こそ、大切に大切に仕事をして、必ず期待に応えよう。

同僚たちからの評価も下がり、自分のことを見下したり、バカにする人も出てくるかもしれない。
→ 同僚が自分を見下すことが気になるということは、ふだんから事あるごとに、自分がそのような目で同僚を見る傾向があるからではないか。むしろ、そこに気づけて良かった。

このように、マイナス思考がどんどん進行していく前に、発想の転換をして、物事を前向きに捉えることができたら、しめたものですよね。
同じ出来事に遭遇しても、この発想の仕方によって、「心がそこに停滞したままになるか」「上手に気持ちを切り替えて、そこからより良いスタートが切れるか」に分かれてくるのであれば、後者のほうが良いに決まっていますよね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る