生きるスピードはどれくらいがいい?

生きるスピードはどれくらいがいい?

「早く夢をかなえたい」「人よりも先に成功したい」という気持ちから、セカセカと先を急ぐような生き方をしている人がいると思います。
でも、こうした生き方をしていると、イライラが募ったり、気持ちが安らぐときが少なくなっていって、心身に悪影響をもたらすこともあります。
頭に血がのぼりやすくなって、ほんのささいなことでも感情的になったり、それがもとで周囲とトラブルになることも増えてくるかもしれません。

では、先を急ぐような、駆け足で生きることをまったくやめて、のーんびりと生きていけば、それで十分なのかといえば、果たしてどうでしょうか。
あまりのんびりしすぎると、気持ちが完全にゆるんでしまいますよね。こうなると、あらゆることに意欲や好奇心がなくなり、何かに向かって努力をするということもなくなるかもしれません。
仕事にも手を抜くことが増えて、周囲に迷惑をかけたり、ときとして仕事場から追い出されるような事態になることだってあるかもしれません。

急ぎすぎてもダメ、かといって、のんびりすぎてもダメ。

調和をとるバランス感覚

ここで、自動車を運転するときのことを思い出してみてください。
運転中にスピードを出しすぎることは、当然、危険なことです。必要以上に速度を出していたがゆえに大事故につながるケースは、いまや連日報道されていますよね。
でも、それだからといって、極端にスピードを落としてノロノロと運転すれば安全かというと、決してそうではないと思いませんか。
周りの自動車が、その極端なノロノロ運転をする車の動きを予測できず、場合によっては追突される可能性だって否定できないはずです。

この場合、自動車はどのように走ることが最も安全につながるかを考えてみると、それは、周囲と同じように制限速度を守りながら、スピードを出しすぎず、かといって抑えすぎず、適度な速度で走るということに尽きるのではないでしょうか。
感覚的な話になってしまいましたが、周囲を走る車の速度に合わせる、という考え方でも良いかもしれませんね。「調和をとる」という言い方でも間違いではないでしょう。

人の生き方も、この例えにならって良いのではないでしょうか。
急ぎすぎず、のんびりしすぎず。適度なスピード感で生きていく、ということですね。心も落ち着けたまま走り続けることができますし、不足の事態が起こればそれを無理に突破しなくてもすみ、安全に停止して立ち止まることだって容易にできることでしょう。

今の自分が適度なスピードでいるかどうか。それを測るには、いま心が落ち着いているかどうか、それに加えてほどよい向上心や努力をともなえているかどうか、このあたりをチェックしてみれば、おのずと答えは出るはずです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る