理不尽な怒りに対しては平然とした態度で

理不尽な怒りにはどう対処する?

私たちが社会生活を送るうえで、人間関係、とりわけ職場のそれは、非常に大切でもあり、場合によってはとてもやっかいなことでもあります。

職場の上司が怖くてしょうがない、という男性がいます。
この上司は、気が短いのか、ちょっとでも気に入らないことがあると、すごい剣幕けんまくで怒り出し、大きな声で怒鳴り散らすというのです。そのたびに男性は、そこから逃げ出してしまいたいくらい怖くなるというのです。

職場でのことというのは、ほぼ毎日の問題なので、これを聞いただけで結構深刻だと思いませんか。

「今日もまた、あの上司から怖い思いをさせられる」という気持ちから、気分が重く、会社に行くのがつらいといいます。
似たような話は、たくさんあると思いますが。

話は江戸時代までさかのぼりますが、九州のある藩で不祥事が起こりました。不祥事を起こしたさむらいは処刑されました。江戸時代ですから、切腹です。
しかし、それをうらんだ侍は幽霊になって、毎晩その城に出てくるようになったそうです。城の女中たちが幽霊を怖がって大騒ぎになりました。悲鳴をあげたり、城の中を逃げ惑う女中たちを見て、幽霊は面白く感じたのか、脅かし方をエスカレートさせていったそうです。
そこへ殿様がやってきたのですが、殿様は幽霊が出ても少しも怖がらず、幽霊にこう告げたそうです。
「おまえは腹を切らせただけでは物足りないくらいの重罪を犯した。成仏できずに幽霊となって、いまだに苦しんでいるとは、うれしい限りだ。そのまま幽霊でいろ」と笑い飛ばしたとのこと。
すると、それ以来、幽霊は姿を見せなくなりましたとさ…。

「怖がらせる」、それを「怖がる」という
バランスを崩してあげる

現実にあった話かどうか、定かではありませんが、この話が教えてくれることは、「こちらが怖がっていると、相手は調子に乗ってもっと脅してくる。こちらが平然としていれば、相手は怖がらせるのをあきらめる」ということではないでしょうか。

「怖がらせる」人、それを「怖がる」人。この均衡を自らの手で崩せば、相手は自分だけがアンバランスを演じていることに気づくことで、違和感を覚え、「怖がらせる」という行いを修正しようという意志が働くということですね。

確かに、この上司のあり方は、理不尽とさえいえます。
だからこそ、最初は勇気がいるかもしれませんが、こちらが下手に怯えた態度をみせるのではなく、たとえ怒鳴られても平然としているのがいいと思います。
先ほどの幽霊の話ではありませんが、心の中で「怒鳴れば怒鳴るほどストレスが溜まって、長生きできなくなるかもしれませんよ…?」と、笑っていてもいいのではないでしょうか。
少々、失礼ではありますが。

関連記事

PickUp

  1. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  2. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  3. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  4. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…
  5. 人から感謝されると、自分を好きになれる
    自分のことが嫌いになることって、ありますよね。やることなすことすべて裏目に出るようなときには、「…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る