水分は、1日に1.5リットル以上摂ったほうがいい?

水分は1日1.5リットル以上摂ったほうがいい?

少し前のことですが、ペットボトル症候群というのを耳にしたことがないですか? 雑誌などでも比較的多く取り上げられました。
子どもや若者たちがペットボトルをずっと手放さず、コーラやスポーツドリンクなどを頻繁に飲み続けることから、糖尿病などを発症しているというものでした。

しかしながら、ペットボトルを持ち歩いて、少しずつ水分を摂っていくというのは、健康のことを考えると、医学的には理にかなっているそうです。
問題なのは、糖分の多いコーラやスポーツドリンクといった、ペットボトルの中身ですね。
もしこれが、ミネラルウォーターや麦茶とかだったら良いわけです。

人間は、1日に2.5〜3リットルの水分を必要とするそうです。
食事で1ℓ程度を摂取するそうですから、残りとなる1.5〜2リットルは、別に補う必要があるのですね。

でも、そうかといって、その1.5〜2リットルの水を一気に飲んじゃうと、尿になって排出されるので、小分けにして飲むほうが良いとされています。

では、どうして1日に2.5〜3リットルの水分を必要とするのでしょうか。

意外と多く排出されている水分

それは、特に暑くも寒くもない環境でじっとしているだけでも、呼吸をするたびに水分は体外に排出されています。
これに加えて、じっとしていても、体温調節のために汗を分泌しているそうです。
これを「不感蒸泄ふかんじょうせつ」と呼ぶそうですが、それだけでも1日に0.9リットルほどの水分がなくなるそうです。

このあたりは個人差があると思いますが、なんか、すごいですね。

さらに、尿が1.4リットル、便に含まれる水分がおよそ0.2リットルあり、その合計が2.5リットルだというわけです。

これに運動や仕事などをして発汗すれば、さらに1リットルほどの水分が失われるとのこと。

「じゃあ、好きなビールをたらふく飲んじゃえば、いいわけ?」

うーん、それはどうでしょうか。。
ビールなどで水分を補給したと思っていても、飲んだぶんだけ水分を補給したことにはならないようです。残念ながら。
ましてアルコールは利尿作用が強いとされ、アルコールを分解する際に大量の水を必要とするので、飲んだぶん以上の水分を失ってしまうそうです。
(そうだったんだ…)

アルコールと同様に、利尿作用があるとされるカフェインを多く含む飲みものも、気をつけたほうが良さそうです。

結論として、食事をはぶいて1日に1.5リットル以上の水分を摂ったほうがいいということですが、飲み過ぎにも注意。必要以上の水分の摂りすぎは腎臓に負担をかけるうえ、低ナトリウム血症(水中毒)につながりかねないそうです。

何でもそうですが、適度に、適度に。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る