水をたくさん飲めば、血液はサラサラになる?

水をたくさん飲めば、血液はサラサラになる?

数年前から、いろいろな人に、「水をたくさん飲んだほうがいいよ」と言われるようになりました。
「どうして?」と聞くと、「血液がサラサラになるから」と言うのです。
「ドロドロ血液」とか「サラサラ血液」という言葉は、ここ数年で頻繁に聞かれるようになりました。
私も医学の専門家ではありませんので、水を大量に飲むことで、血液の濃度が薄まって、ドロドロ感が薄まっていきそうなイメージしか持っていませんでしたが、それには何の根拠もありませんでした。

なので、今回は、この「水を飲んだら血液がサラサラになる」ということについて、調べてみました。

私たち人間の血液は、約55%の液体成分「血漿けっしょう(約90%は水で、残り10%はタンパク質、脂質、糖質、ミネラル、酵素など)」と、約45%の細胞成分「血球(赤血球、白血球、血小板など)」で構成されています。
この血液が、体のすみずみまで張り巡らされた毛細血管を通って、すべての細胞に栄養と酸素を運び、老廃物や二酸化炭素を回収しているのです。

ところが、毛細血管の内径はおよそ7ミクロン(1000分の7ミリ)で、髪の毛の14〜15分の1ほどの太さしかないのに対し、赤血球の横幅は約8ミクロン、白血球は10〜25ミクロン、血小板は2〜3ミクロンです。
寸法だけで考えると、血管よりも、そこを通る成分のほうが大きいのですね。
このため、赤血球や白血球は、形を変えて毛細血管の中を通り抜けていくというのです。
このように、血球が形を変える能力を「変形能へんけいのう」と呼ぶそうです。

ドロドロの原因を特定してみると……

そこで、生活習慣の乱れによって、血液中に糖質や中性脂肪が増えると、過剰な糖質が糖タンパクとなり、血球の膜に付着してしまうそうです。こうなると、血球の柔軟性がなくなって、変形能も低下し、さらには血小板も凝集しやすくなるということなのです。

また、中性脂肪(嫌な言葉です…)が増えすぎると、消化の際の燃えかすが血液中に残ることがあるそうです。この燃えかすが赤血球を壊し、血小板を凝集させるのです。さらには、ストレスなどで活性酸素が多くなると、白血球がべたべたになり、血小板も凝集しやすくなります。

こうした、いわば「病的」とさえ言える血液を検査装置で観察すると、ドロドロになっているそうです。
でも、そのドロドロの原因は、極端な場合をのぞき、水分が足りないことによるものではないとのことです。

ゆえに、結論としては、「いくら水を飲んでも、血液がサラサラになることはない」ということです。
必要以上の水を飲んでも、血液がサラサラになるということはなく、あくまで食習慣、運動習慣などの生活習慣を正していくことこそが大切だということですね。

ところで、血管をすべてつなげると、どれくらいの距離になるかご存じですか?

答えは「96,540km」

血液は、心拍に合わせて、体の中を1日に10万キロ近くも巡っていることになります。
これは地球外周に換算すると、2周以上も回っていることになります。

血液がどれだけ大切なものなのか、こうした情報からも分かりますね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る