次に出すその言葉、大丈夫?

次に出すその言葉、大丈夫?

「口は災いのもと」とはよく聞く言葉ですよね。

相手を傷つけるようなことを好きこのんで言う人はいないし、まして相手を怒らせることが目的で言葉を発する人なんて、まずいないでしょう。
でも、不意に発した言葉が相手を傷つけたり、それがもとになって口論になってしまうということもありますよね。

「そんなつもりじゃなかったのに……」と思っても、後の祭りです。人は、自分の言ったことよりも、人から言われたことのほうが鮮明に記憶に残るものですから、そこで著しく傷つけたりすれば、後々尾を引くことになってしまいます。
一度、根に持たれると、相手も自分も不要なことで煩わなければならなくなりますよね。

道元が残した言葉に、次のようなものがあります。
「触れ合う人に向けては、いつも思いやりの心をもって、相手の気持ちを思い優しい言葉をかける。このことをいつも心に留めておきながら相手と話をする。それが愛語というもの」

……確かにそうです。
でも、それは重々分かっているのですが、なかなかそれができないというのが本音ですよね。

口数が少なくても思いやりがあれば

まず、できることとしては、「なるべく余計なことはしゃべらないようにする」ことですね。

つい、人としゃべっていると、だんだん心地よくなってきて、あるいはサービス精神が出てきて、「もうちょっと、こんなことを言ってみようかな。相手も喜んでくれるかも…」と調子に乗ってくるものです。
でも、そこが落とし穴で、自分でそうと意図したわけではないのに、結果的に相手を傷つけるということは、よくあります。

言わなくてもいいことは、なるべく心の中に留めておくほうが賢明ですね。

口先だけで人づきあいを良くしていくことはできません。
いやむしろ、それは危険なことかもしれませんね。
あまり口が達者でなくても、他の人の話を笑顔で聞いているような人がいますが、たとえ少ない言葉でも、相手を優先して相づちを打ってくれるほうが人を和ませてくれるでしょうし、そんな人のことを悪く言う人はいないでしょう。
それに、口数が少なくても、ポツッ、ポツッと出てくる言葉が相手を思いやる優しい言葉だったら、「またこの人と話をしたい」となるはずです。

頭に血が上っている状態で思いのままに言葉を発するのではなく、次に自分がどんな言葉を発しようとしているのか、それを一度キープしてみて、その言葉を発するべきかどうか、よく自分の中で確かめてから口にすることが、良い人間関係を築く良策であるとは思いませんか。

他ならぬ、相手あってのことですからね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る