機械に依存する「便利さ」から、少し離れてみる

機械に依存する「便利さ」から、少し離れてみる

いまや、仕事やプライベートでなくてはならない携帯電話やスマホ。通話はもちろん、電子メール、LINEといった個人による通信のほとんどすべてを1台の端末でカバーできるので、ほとんどの人が重宝しているはずです。

この便利な機械が故障したり、見当たらなくなってしまったりすると、パニックになってしまう人が多いそうです。
確かにそうですよね。必要な相手との通信が途絶えてしまうだけではなくて、端末にはアドレス帳や通信記録といった個人情報がふんだんに入っていますし、それが使えなくなったり、紛失して他者の目にふれてしまうと……と考えただけで、いてもたってもいられなくなりますよね。

人によっては、「どうやって生きていけばいいか、分からなくなる」ほど、混乱し、不安になってしまうそうです。ちょっと大げさかもしれませんが。

立場が変われば、この現代社会で、携帯電話やスマホなどなくても何の不自由もなく生活している人はたくさんいるでしょう。
一昔前は、携帯電話なんて便利なものは、ありませんでしたしね。

つまり、人間自体は何ら変わらないのに、携帯電話という「機械」の存在によって、人の心が不安にさらされたり、混乱させられたりしている、というわけです。

現代の便利な生活というのは、そのほとんどが「機械」によって成り立っています。
でも、機械はいつかは故障もしますし、肉体の一部でもないので紛失することだってあるでしょう。

携帯電話について長々と書きましたが、なにもそれだけではなくて、今や仕事には欠かせないパソコンも、事務処理や創作作業、通信に欠かせない機器ですし、これと外部とをつなぐモデムなども、いつ故障するか分かりません。故障すれば、ただちに通信手段は断たれてしまいます。保存していたデータも壊れて利用できなくなります。
または、出かけようとしたときに自動車が壊れるかもしれません。
災害発生時には、交通手段も使えなくなります。停電が起こるかもしれません。そうなると、特別に蓄電でもしていないかぎり、先に挙げた機器だけでなくすべての電化製品は動かなくなります。

不便な生活にも慣れておく

つまり、機械のトラブルが起こるだけで、今現在の生活がうまく成り立たなくなってしまう恐れがあるわけですね。

いったん、便利なものに囲まれて、慣れ親しんでしまうと、その便利さを失うような状況が訪れたとき、パニックに陥ってしまいます

しかし、これらの機械は、人間の生活の中にもともとはなかったものなのですから、不測の事態が発生した際にも、本来はパニックに陥ったり混乱したりする必要はないはずなのです。
そうなるためにも、ふだんから「不便な生活にも慣れておく」必要があるとは思いませんか。

携帯端末やパソコンなどのデータ類はバックアップがとれますが、たとえば次のような事柄は、自らの体を使って慣れておくと良いと思います。
・ときには携帯電話を使わずに、固定電話や、公衆電話を探して使ってみる。
・何でもかんでもウェブ検索をするのではなく、紙媒体を利用して調べてみる。
・いつも使っている最短の交通手段を使わずに、徒歩で行けるかどうかの可能性も探っておく。

少しずつでも、ふだんの便利さから離れて、不便さに慣れておくことで、いざというときに、さほど困らなくてもすむのではないでしょうか。

それにしても、こうして考えてみると、私たちの利便性に富んだ生活というのは、すべて「機械」によってもたらされているのですね。
だからこそ、この「機械」への依存度をなるべく低くして、いざというときに心が惑わされないようにしておきたいものですね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る