怖れるべきは、自分の心

怖れるべきは、自分の心

世の中には、大して学歴がなくても大成功をおさめる人もいれば、特にこれといった人脈も持たずにまったくゼロの状態から出発して巨万の富を築く人などもいます。
そうしたサクセス・ストーリーを見聞きすると、やはり誰もが成功を望んでやまないことでしょう。

境遇を怖れるな。ただ自己を怖れよ

明治時代の思想家であった杉浦重剛の残した言葉です。
「境遇」というのは、自分を取り巻く環境のことですね。そこには好条件もあれば悪条件もあるでしょう。場合によっては大きなハンディとなることもあります。そして、「自己」とは、自分自身の心の状態を指すのだそうです。
つまり、この言葉の意味するところは、「成功したければ、境遇(悪条件やハンディ)を怖れるのではなく、怖いのは、そういったものに打ち負かされてしまう自分自身のマイナスの心にある」ということです。

悪条件やハンディを怖れる必要がないというのは、冒頭にあげたような例を見ても分かりますよね。ひょっとしたら自分よりももっと悪い条件を強いられているのに、それをものともせずに成功を勝ち取る人だってたくさんいるでしょう。

心の法則が働く!?

夢を持って、成功に向かって突き進んでいたとしても、何か良からぬ事態に直面したときに、つい「学歴が低いから、やはりどう頑張っても出世は無理か」とか、「いくら自分が頑張っても、しょせん人脈もないわけだから、発展は見込めないかも」などといったように、心がマイナスに傾いてしまいがちです。

人間というのは不思議なもので、そのように境遇を怖れることが続くと、本当に成功とは真逆の人生、本当に出生が望めないような人生を自ら築き上げていってしまうということが、往々にしてあるものです。よくそういった話を聞くことがありませんか?
しかし、それとは逆に、自らが強く希望したことも、不思議と人生に反映されていくということもあります。
それはもう、何らかの「法則」が働いているかのように。

そうであるならば、境遇を怖れ、それを嘆くのではなく、プラスの言葉を自分自身に投げかけていくほうが賢明ですよね。
「今はあまり良い状況とは言えないけれど、必ず成功できる」
「必ず、ひょんなことから人脈もできていって、応援してくれる人も出てくるはず」

今現在の境遇を眺めては、「もうダメだ」「やはり、できない」「最後は失敗するかも」といったマイナスの言葉を自分自身に投げかけないことです。
そのマイナス言葉は、「できる」「うまくいく」というプラスの言葉に変換して、自分自身に投げかけてあげましょう。
その繰り返しは、本当に大切なことだと思います。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る