怒りの伝え方、スマート編

怒りの伝え方、スマート編

ムッとしたり、他人に抗議したくなるような怒りの感情がわいてくることは、日常ではよくあることかもしれません。
特に、いつも身近にいる人に対しては、なおさらのことかもしれませんよね。

何気ない他人の一言が妙にひっかかってムキになって怒ったり、自分ばかり仕事をふられて「なんで自分だけが!」と怒鳴りたくなることもあるでしょう。

でも、その怒りの感情をいちいちあらわにしていたら、自分もしんどいですし、人間関係も悪化しかねませんよね。

平安中期の貴族であった藤原師輔ふじわらのもろすけという人が、「身近な人に腹が立つことがあっても、怒りは心の中にとどめ、怒りの言葉を口に出さない」といったような言葉を残しています。

ここで疑問が残ると思いますが、そうです、これは決して「怒りを押し殺して、言いたいことも言わず、ひたすらがまんする」ということではありません

抗議は、一呼吸おいて、冷静に

怒りの感情がわくということは、自分以外の人に対して何か言いたいことがあるということですよね。
それを言わずに自分の中にため込んでいても、かえってストレスになっていくだけです。
でもそれを、感情をむき出しにして、その場の勢いにまかせてワーッと怒鳴るように伝えたとしても、相手を動揺させるだけで、意図する内容が正確に伝わらない可能性が大きいはずです。

それどころか、相手が逆ギレなどしようものなら、いつまでたっても口喧嘩は平行線になってしまいます。

あくまでも、一呼吸おいて、冷静に、できるだけ穏やかな口調で相手に伝えるほうが、相手もそれを受け取りやすく、「自分のここが悪かった」ということが具体的に分かってもらえるというものです。

これ、一言で言うと、大人の伝え方ということなのでしょうね。

身近なところでは、球界を代表する打者であるイチローが、メジャーリーグでの試合中、審判のジャッジを不服とするような場面にあっても、直接抗議をせず、バッターボックスから離れる際にガックリと肩を落としたような、いかにも残念そうな姿をわざと見せつけるというのは、どこかで聞いたことがあります。後ろ姿で抗議しているということでしょうか。ある意味、役者ですよね。
わざと思わせぶりな態度を見せることで、かえって審判に深く考えさせるということなのでしょう。
この話を聞いて、天才と呼ばれる人間は、やはり常人とはどこか違うなと思ったものでした。

理不尽なことや、自分を軽んじられるような出来事に直面すると、怒りがこみ上げてくるのは当然です。
しかし、その抗議を、あえて冷静に伝えることができれば、相手もじっくりと受け止めることができます。結果的に、相手の非を少しでも相手が認めてくれたら、その抗議は成功なのですから。相手がブロックして聞く耳を持たないような抗議は、成功したとは言えませんよね。

もしそれで相手が逆ギレでもしようものなら、その相手は「その程度の人」だったんだと思えば、それでいいのではないでしょうか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る