怒りたいときこそ、ねぎらいの言葉を

怒りたいときこそ、ねぎらいの言葉を

アメリカの実業家で、自動車王とまで呼ばれたヘンリー・フォードの話です。
かつてフォードは、それまでになかった画期的なエンジンの開発に成功し、そのエンジンを搭載した車を、展示会で盛大に披露しようと考えていました。
ところが、部下のミスで、展示会の出品に間に合わなかったのです。
このときの部下の心中は、察して余りありますよね。フォードにこてんぱんに怒られることを覚悟していたといいます。
ところが、いざ、フォードに恐る恐る謝罪しにいくと、その部下に対して、フォードはこんな言葉をかけたのだそうです。
「今回は残念な結果に終わってしまったが、連日、遅くまで残業してくれて、本当にごくろうさま。少ないが、このお金で、お酒でも飲みなさい」
予想に反したフォードの対応に、部下は驚き、つい男泣きしたといいます。

「お疲れさま」
「ごくろうさま」
こんなねぎらいの言葉を、私たちはよく使います。仕事に一区切りついたときや、退社する際には、このような言葉を当たり前のように使いますよね。
では、部下や同僚が、大きな失敗をしたとしたら、どうでしょうか。フォードのように、それでも労をねぎらってあげることができるでしょうか。

この人のために頑張ろう

先の、フォードの事例から学べることがあります。
それは、たとえ部下が成果を出せなくても、たとえ失敗に終わったとしても、それまでの血のにじむような努力があったことは事実なので、そのことをねぎらってあげることが、とても大切なことだということですよね。
確かに、プロセスはどうであれ、結果を出せなければ何の意味もないというのが一般的な考えだとは思いますが、そこで無用に気分を落ち込ませてばかりでは、次に良い結果をもたらすには至れないはずです。それどころか、これを機にやる気になってもらわなければいけないはずですよね。

失敗をした、あるいは結果を出せなかった部下は、猛省しているはずです。そこで意外にも労をねぎらってもらえたなら、「こんな自分に対して、労をねぎらってくれた」ということに感動し、上司の度量の大きさを改めて認識して、「この人についていこう」「この人のために頑張ろう」という気持ちになれるはずです。
お互いがお互いを敬うことで、両者が誠意を感じ合えるということですよね。
こうした気持ちになれることこそが、やる気につながって、謙虚に失敗を見直すきっかけにもなるのではないでしょうか。

物事の真の成功への道は、むしろ、そこから始めるべきだとは思いませんか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る