心に傷を負うほど優しくなれる

心に傷を負うほど優しくなれる

人の痛みが分かる人というのは、えてして周囲の信頼を得られ、良好な人間関係が築けるものですね。
特に、大人になってからよりも、幼い頃に心に痛手を負った経験があるという人は、その傷が深いぶん、他人の痛みもよく分かるのではないでしょうか。

経済的に困窮した家庭で育った人もいれば、親から肉体的な暴力を受けたことがある人や、ろくすっぽ愛情を注いでもらえなかったという人もいるでしょう。親が離婚したり、事故や病気で家族を失ったり、そうしたことが原因で片親に育てられたり、親類に預けられたり、あるいは施設で育ったという人もいることでしょう。
他にも様々なケースがあると思います。
幼い頃の苦労というのは、人それぞれであり、一言では言い表せないと思います。親に迷惑をかけまいと、自分の心の中にしまい込んでいるケースも少なくないのではないでしょうか。

そうした幼少期の経験が心の痛手になっている場合、成長してからも劣等感やトラウマなどに苦しんでいることも事実だと思います。

しかし、そのような不幸に見舞われ、心に傷を負いながらも、ともすれば人よりも幸せそうに日々を送る人たちも大勢います。

心の傷跡を、他人を助けるために使ってみる

ツラい経験をすると、その痛みを知ることになります。すると、他人の痛みも分かることになりますね。
どういうことを言われ、どういうことをされると嫌なのか、傷つくのかということを、知っていることになります。同じことを人にすることはしませんし、身近な人が深く傷つき、落ちこんでいるようなことがあれば、わが事のように相談にのったり、なぐさめてあげることもできます。

このような人は、周囲の信頼を得て、温かい人間関係を作っていくことでしょう。
だから、幸せそうに見えるのだと思います。

子どもの頃に受ける心の傷は、その後の人生に良くも悪くも影響を及ぼすということは、理解できることだと思います。
幼い頃に受けた心の痛手で苦しんでいる人がいたら、どうか、その心の傷跡を、他人を助けるために使ってみてはどうでしょうか。
自分のことを心底理解してくれ、親切にしてくれたならば、そのことを決して忘れはしないはずです。その感謝の気持ちから、その人はまた別の人に親切にしていくはずです。

他人の役に立てることほど、自信がつくこともありません。
幼少期の心の痛手が、人を助けることになり、人から感謝されたら、それは絶対的な自信につながります。それによって、心に刻み込まれていた劣等感やトラウマも、しだいに薄らいでいくに違いありません。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る