小さななかでも平穏な日々に感謝できる自分か

小さななかでも平穏に感謝して

「大きな家に住みたい」
「大きな会社に就職したい」
「もっと大きな事を成したい」

現状に甘んじず、さらに上のステータスを得たいというのは、人間の正直な気持ちでしょう。

でも、そのことばかりに気持ちを奪われると、人と自分をたえず比べ、人との競争に打ち勝とうと懸命になり、ライバルを蹴落とそうとまでして、戦々恐々とした気持ちで日々を過ごさなければならなくなるかもしれませんね。

自分自身の成長・向上にはこうした気持ちをもつことは不可欠、と思えなくもありませんが、そういう日々は心身をとても疲労させます。自分自身が他に負けて、蹴落とされることだってあり得るわけですからね。

古代中国の思想家・老子がこんな言葉を残しています。
「国を小さくし民をすくなくす」

これは、「国は小さく、国民の数は少ないほうがいい」という意味です。

当時の中国大陸は、多くの国がひしめきあい、それぞれの国主はより大きな領地、より多くの領民を得て、強大な国にすることを目指して、たえず隣国と争っていました。
日本の、ちょうど織田信長や武田信玄、上杉謙信らが争っていた戦国時代に似た状況だったのではないでしょうか。

小さなままで、いいではないか

そのような、例外なく野心をむき出しにした国主どうしの争いの中で、「国をそんなに大きくすることばかりにとらわれることはない。小さなままでもいいではないか」と提案したのです。

「国を大きくしようと思えば、国民に武器をもたせ、戦争に行かせることになる。しかし、小さな国のままでいいとなれば、争うことなく平和に暮らせる」
老子は、理由としてこう述べました。さらには、
「小さな国のままでよければ、新しい領地を求めて知らない国へ移住することもなく、生まれ故郷で、家族や親しい人に囲まれて、死ぬまで平穏に暮らせる」
「食べ物も、着る物も質素かもしれないが、質素な暮らしの中で、安らぎに満ちた生活を送れる」

これを現代に置き換えると、「小さな家、小さな会社、小さな商売のままでいい」と思って、安らかに、平和に暮らしていくほうが、幸せなのかもしれません。

先に、人間がさらに上のステータスを得ようと競争に打ち勝つために懸命になることは、自分自身の成長・向上には欠かせないのかも、といいましたが、そのための犠牲が出るし、社会の中で競争が激化するほどに、地球を汚す産業廃棄物もより多く排出されることにつながります。

何にせよ「大きくしよう」という欲望を抑えて、人間個人が質素に暮らすことは、自分自身の心の平穏を実現できるだけでなく、地球にとっても優しい選択なのかもしれません。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る