失敗談を語ってみよう

失敗談を語ってみよう

ある出版者に勤めていた男性編集者が、別の出版者に転職をしようとしたときのエピソードです。

転職にあたって、職務履歴書には次のような事柄を記したのだそうです。
「私は『柳の下のドジョウ』戦略を真に受け、実際にベストセラーになった本のタイトルや装丁をそっくり真似た本を作り、売上げに期待していたのですが、それが予想に反してまったく売れず、大赤字を出したことがありました。それ以来、『柳の下にドジョウは2匹いない』というふうに心がけ、オリジナリティを追求しています」
このような記載をしたところ、転職を希望していた会社で採用があっさりと決まったというのです。

転職するときの面接時や、自分の良いところを売り込まなければならない場面では、多くの人は自己アピールに懸命になりますよね。
「私には○個の資格があります」
「以前の会社では、こんな大きな実績をあげてきました」
「私には、他の人にはないこんなスキルがあります」
こんな具合に、自分を採用してくれたらこれだけの利点があるということを、相手に伝えることに躍起になると思います。

なのに、先述の男性編集者は、自分のいわば〝失敗談〟を書いたのに、なぜすんなりと採用されたのでしょうか。

失敗を正直に語ると誠意が伝わる

それは、採用を決めた担当者の言葉から分かりました。
「転職するときは、どの人も、前の会社でこれだけの業績を残したとか、こんなことができるという点をアピールしてくるものだが、この青年はバカ正直に、あえて自分の不利になるかもしれないようなことまで記した」
「失敗を教訓にしている。学習能力がある証拠かもしれない」
このような点に、誠意を感じ、評価した

もちろん、「私には何もできません」では採用されるはずはありません。自分にはこんなことができるということは、声を大にして言っても構いませんよね。それは自信の表れとしても受け取られますからね。
しかし、自分の良い点ばかり述べるのではなく、ときには自分の弱いところや失敗談を堂々と語ることができれば、相手はそこに誠意を感じて、その後に自己アピールをしてもそれがより説得力を増してくることでしょう。

自分の持つ知識や教養、実績などをひけらかす人よりも、失敗を素直に認め、それを正直に人前で語れる人のほうが、関心を持たれるとは思いませんか。
仕事というのは、1人でするものではありません。いくらずば抜けた能力を持っていようとも、正直であって誠意のある人間でなければ、スムーズなコミュニケーションはとれないでしょう。採用する側がそうした点を重視するのも当たり前ですよね。

そんなことを教えてくれた、ある男性のエピソードでした。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る