夫婦は大切な者どうし

夫婦は大切な者どうし

ほんのささいなことから夫婦げんかに発展するというケースは、決して少なくないと思います。
何年も同じ屋根の下に暮らしていれば、お互いに不満を感じるところもあるでしょうし、それをどちらかが口にすれば、相手は良い気がせず、ついに口げんかに発展するということですね。

そんなとき、つい相手の欠点を責めることもあると思います。
その欠点が肉体的なものであったり、親きょうだいや親戚にまで及ぶこともあるかもしれません。
つい口げんかが高じて、もののはずみで言ってしまうのでしょうが、そうなると、言われたほうもカッとなって相手の欠点を責め始め、その結果、口げんかが収拾がつかないところまでいってしまいます。

夫婦にかぎったことではありませんが、たとえ口論で相手をギャフンと言わせて「勝った」と思っても、何の利益にもなりません。時間とエネルギーを浪費して、双方ともに傷つき、精神的に満たされない思いが残るだけですね。
人間というのは本質的に弱い生き物だと思います。ほとんどの人は劣等感を持っていると言えないでしょうか。
自分ではそれをよく分かっていても、自分以外の人からその点を突かれると、人は本能的に自分を守ろうとします。特に肉体上のハンデや、容貌のこと、能力のこと、親やきょうだいについて何かを言われた場合には、必死になってその攻撃から身を守ろうとし、それを突いてきた相手に対して我を忘れて怒り、当然相手の最も弱いところを攻撃することになります。

こうして、ますますけんかが本格的になりエスカレートしてしまいます。
ほとんどの場合は、もともと大したことが原因でなく始まったけんかなのに、双方がここまで傷つき、ヘトヘトになってしまうのですね。

せっかくお互いを大事にしあうと誓い合った夫婦が、こんな無益なことで仲をこじらせるなんて、もったいないことですよね。

感謝を口に出してみる

夫婦は、お互いに相手が一番この世の中で大切な人のはずです。
常にその気持ちを忘れないようにしたいものですね。

そのために、相手を大切で、ありがたい存在だという気持ちを、一日一回以上は口に出して言うようにしてみてはどうでしょうか。
悩みの多いこの世の中で、ただ単に疲れている、イライラしているというだけのことで、かけがえのない夫婦どうしが無益なけんかをして傷つけ合う必要など、まったくありませんよね。

まず家庭が最高の憩いの場所であるように、夫婦が協力しあうことです。
そうすれば、その憩いの場である家庭が苦労やイライラする心を和らげ、悩みを解消する大きな力になるはずです。
それには、まず夫婦がお互いに尊重し合い、その気持ちをいつも忘れないようにすること。そして、さらに毎日声を出して相手に感謝の気持ちを伝えることが大切です。

男性の皆さんも、家に入る前に靴を脱ぎますね。外の汚れたものは家の中へ持って入らないように気をつけていますね。
それと同じように、目には見えない外の嫌なことは靴と一緒に取り去り、家の中に持って入らないようにすることです。
そして、家庭を懸命に守ってくれている奥さんに、心を込めて「ただいま!」と言ってみてはどうでしょうか。

女性の皆さんは、家の中を心安まる温かい場所にするよう努めてみてはどうでしょか。
皆さんが心を込めて、美しく、心安まるようにした場所に、旦那さんは汚れを持ち込もうとはしないはずです。
そして、旦那さんが帰ってきたとき、感謝の気持ちを込めて「おかえりなさい。今日も一日ご苦労さま」と言って笑顔で迎えてあげてください。

夫婦仲で悩んでいる人、どうもスッキリしないという人は、こういうことから実践してみてはどうでしょうか。
家の中の空気が変わり始めたら、しめたものです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る