塩分を控えさえすれば、血圧は下がる?

塩分を控えれば血圧は低下する?

日ごろ、塩分の摂りすぎに気をつけていますか?
「塩分の摂りすぎ=血圧の上昇」という関係がどうしても気になって、塩分を控えめに考えている人もいるはずです。

日本人に高血圧が多いのは塩分の摂りすぎだと言われ始めたのは、戦後まもなくのことだそうです。それからというもの、塩分と高血圧の関係については多くの研究結果が報告され、塩分を控えることによる血圧の降圧効果は、今や常識となっていますね。

私たちの一般家庭の中でも、高血圧の予防には減塩が良いという考えは定着し、減塩醤油、減塩味噌などといった減塩をうたう食品は至るところで目にすることができます。

ところで、素朴な疑問として、塩分を摂りすぎると、どうして血圧が高くなるのでしょうか。

なぜ、塩分の摂りすぎで血圧が上がる?

血圧が高くなるのには、動脈硬化などで血管内の抵抗が増して血流の圧力が高まる場合と、心臓から送り出される血液の量が多くなって圧力が増す場合の、二つが考えられているそうです。
塩分と血圧の関係は、後者のほうになりますね。

料理をされる方はご存じだと思いますが、野菜や魚、肉などに塩を振りかけると、水分が出てきます。塩が水分を引き寄せることを利用した調理法ですね。保存性を高めたい漬物や干物などを作るときには不可欠な方法です。

これと同じで、人体の中でも、塩は水分を吸い寄せようとします。
ゆえに、塩分を多く摂れば摂るほど、体内を巡る血液の量が増え、結果的に心臓が送り出す血液の量も増加して、血圧が上がってしまうということなのです。

日本高血圧学会というところでは、1日の食塩摂取量を6グラム以下に抑えるように奨めているそうですが、困ったことに、塩分の摂取量をいくら減らしてみても、血圧が下がらない人がいるそうです。
このような人を「食塩感受性が低い」と呼ぶそうです。
そして驚くことに、こうした人は高血圧患者の7割も占めるそうです!
(自分の食塩感受性を知るためには、入院して特別な検査を要するそうです)

こう考えると、多くの人は減塩という方法だけで血圧を下げることはできない、ということでしょう。

ただ、最新の医学では、食塩が、心臓や血管に悪影響を及ぼすことがわかってきたとのこと。
また、高血圧治療に用いられている薬のなかには、塩分の摂取が増えすぎると効果が下がるものもあるとのことです。

高血圧や心筋梗塞、脳卒中など心臓や血管にまつわる病気を避けたい人は(誰だってそうですけれどね)、食塩感受性の高低にかかわらず、どうやらある程度の減塩は心がけたほうが良さそうです。

関連記事

PickUp

  1. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  2. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  3. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  4. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…
  5. 人から感謝されると、自分を好きになれる
    自分のことが嫌いになることって、ありますよね。やることなすことすべて裏目に出るようなときには、「…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る