劣等感は成長のチャンス

劣等感は成長のチャンス

優越感と劣等感。
当然、前者ばかり味わって生きていけたらいいのでしょうけれども、なかなかそういうわけにはいきません。

このブログでも、アルフレッド・アドラーの言葉や思想を何度か参考にさせていただいてきましたが、そのアドラーは、「劣等感に対する意識の持ち方には、二通りのタイプがある」と考えていました。

その一つとして、自分と周りの人たちを比べては、自分が劣っている点を見つけて、それを苦に感じて思い悩むタイプの人です。何か一つでも人より劣った点があると思うと、すべてが人より劣っていると思い込んでしまい、自信を失って、積極的に物事に臨むことができなくなってしまいます。

そして二つ目として、明らかに人より自分のほうが劣っているという点を見つけたとしても、それを苦には思わないタイプの人です。
「もし劣っているのなら、それを上回ることができるように頑張ればいい」
「その頑張りは、きっと新しい自分を発見するきっかけになるかもしれない」
「劣っていると気づかせてくれたことから、また自分も人間的な成長をすることができるかもしれない」
たとえばこのように、ポジティブな考え方ができる人のことですね。
「ポジティブ」というと、ただの気休めとか、いいかげんみたいに聞こえるかもしれませんが、実際に、劣っている点を克服するプロセスは、自分を成長させてくれるわけですから、これをただの気休めだなんて言い切れないですよね。

劣っている点を苦にしても始まらない

では、より幸福感をもって生きていけるのは、この二つのタイプのうち、どちらでしょうか。
それは、二つ目の「劣等感を苦に思わないタイプ」の人のほうであることは明白ですよね。

もし自分に、人より劣っている部分があるとしても、その相手もまた、人より劣っている部分があるはずです。なのに自分だけが劣っていると思い込んで、それをいちいち気に病み、苦に思うだけにとどまっていれば、それを克服できるわけはありません。
そうであるならば、劣っていると思い煩うのではなく、あくまでも前向きに、それを克服していくプロセスに希望を見いだすほうが得策であるに決まっていますよね。

実際、そこから人間的な成長をたどる人は、世の中にたくさんいますからね。

人と自分を比べて、「この点は私のほうが劣っているな」と思うところがあったなら、「どうせ自分なんて……」とそれを苦に思うのではなく、「成長できるチャンスだ」ととらえて、明日から暮らしていくべきです。

アドラーは、そのほうが幸福な生き方ができると言っているのです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る