公私のけじめ、つけていますか?

公私のけじめ、つけていますか?

かつては、私も組織の中にいました。
組織の中にいれば、実にさまざまなことがありますよね。

たとえば、経費というものにまつわる話だと、明らかに私的な遊興や、私物の購入などに経費をあて、領収書の名目をそれらしくすることで、自分は一文も払わずとも物品を購入できる、ということを利用する人がいます。それがかなり高額にのぼることもあるのですが、ひょっとしたら皆さんも、同僚がこんなことをしているのに気づいたことがありませんか?

最近では、地方の市議らがこうした不正を行い、社会的な問題としてクローズアップされていましたね。

個人経営であるならば、節税のためとこじつけてそうした手法を取ることもあるのかもしれません。
しかし、決して自らの私物ではない「組織」のお金を使って、そうした不正を行ってしまう最大の理由としては、やはり、ふだんの「報酬が少ない」ということではないでしょうか。

もしそうであるならば、自らの報酬を上げてもらえるよう努力をすれば良いわけですし、部下の手前、自らの報酬を上げにくいという状況であるならば、自ら汗して業績を上げて、それに見合ったぶんだけ自らの報酬を堂々と上げるというのであれば、部下からも外部からも何ら指摘は出ないはずですよね。

「言い訳の必要なお金」というのは、最初から使わないようにすることが賢明です。
公にできない私的な費用を公の会計に繰り入れることは、会社を危うくする温床に肥料をやるようなものだということを、よく心得ておかなければいけませんよね。
だいたい、このような姑息な手段を使っていながら、自社の経営分析をどれだけ詳細に行っても、性根がその程度であるだけに、いつまでも継続的な成果をもたらすことはできないでしょう。

●お金の扱いを厳格にすればこその信用

これまで私も、幾人かの経営者や組織のリーダーたちと接してきたことがありますが、お金にルーズで公私をわきまえない人で、真に成功を収めている人は、一人たりともいません。それどころか、お金にルーズな人の場合、たとえ一時的に大金を稼いで家賃が月90万円もするような六本木の超高級マンションに住んでいても、数年後、以前よりも状況が悪化しているという人を知っています。
ちなみに、この人は、以前私と同じ組織に属していたのですが、公私混同もはなはだしいお金の使い方をよくしていました。
今にして思えば、その人に注意の一つでもしてあげれば良かったなと後悔する部分もあります。

たとえ私的な遊びや旅行で豪勢なぜいたくを楽しんでも、自らを含めて公私の費用の使い分けをかなり厳格に行っている経営者も実際にいます。そういう人だからこそ周囲からの信頼を集めるのだし、そのような人が統率する組織の財務会計は明朗で、会社内外からの信頼も厚く、業績も安定していくのはもっともなことだとは思いませんか。

組織の長はその組織の鏡であり、会社を見ればその長が分かり、長を見れば会社が類推できるものです。
これが、「企業は人なり」と言われるゆえんですよね。
昨今、こうしたところが緩んでいる経営者や組織のリーダーが取り沙汰されることがありますが、これを反面教師として学んでいけたら良いですよね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る