他人への期待は「依存心」と「甘え」から

他人への期待は「依存心」と「甘え」から

私たちが円滑な日常を送っていくうえで、人間関係のもつれは、できれば避けて通りたいものです。
逆に、この人間関係のもつれさえなければ、穏やかな日常を送っていく条件をほぼ満たせるということが言えるのではないでしょうか。

その昔、アメリカの心理学者が、職場における「上司と部下」「同僚どうし」の人間関係のもつれの要因を観察したことがありました。
その結果、相手に期待をし過ぎていることが大きな原因になっているというケースが、6割近くあることが分かったのだそうです。

相手に期待をし過ぎると、その期待どおりにいかなかった場合に、「彼(部下)なら、もう少しうまくやってくれると思っていたのに……」とか、「仲間(同僚)がもっと気を利かせてくれていたら、契約をまとめることができたのに……」などという気持ちがこみ上げてきます。

しかしながら、これは、あくまでもその相手に「依存」しているからに他なりませんよね。
依存心とは、言い換えれば「甘え」ですね。
また、この「甘え」は、相手と親しければ親しいほど大きくなっていくものです。
そうして、その甘えが通用しなかったとき、相手への不満が増大し、それがストレスになっていくという仕組みなのですね。

相手は思い通りにはいかないもの

よろずの事は頼むべからず
愚かなる人は、ふかく物を頼むゆえにうらみ怒ることあり

人間関係のもつれの原因を、吉田兼好はそのように言い表しています。
意味するところは、「相手に期待しすぎてはならない。期待すればするほど、期待はずれの結果に終わったときに、相手への不満が募り、相手との関係がギクシャクすることがある」というものですね。

相手に何かを期待するというのは、自分が勝手にしている妄想に過ぎず、相手と約束していることでもありません。それなのに、相手が自分の意図と合わないようなことをすると腹を立てるというのは、筋が違いますよね。
それは、自分ではそのつもりがなかったにせよ、相手に甘えていることに他ならないのでしょう。

「あの人は、私の期待通りに動いてくれるはず」という思い込みをなくすことです。
むしろ、「私の思い通りには動かないはず。もし動いてくれたら儲けものだ」ぐらいに捉えておくほうが賢明ですよね。
そうすれば、相手への依存心や甘えというものは、なりを潜めていき、相手が期待通りにしてくれなかったとしても、いちいち不満を抱えたりしなくてもよくなるはずです。

関連記事

PickUp

  1. 船はいつになったら出港するのか
    「船は港にいれば安全だが、船はそのためにつくられたのではない」この言葉を聞いたとき、なるほどなと…
  2. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  3. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  4. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  5. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る