今日から「たら、れば」をやめよう

今日から「たら、れば」をやめよう

後悔するなんていうことは、人生においてザラだと思います。

後悔にもいろいろあるでしょう。
「あんな商品を買わなければよかった。もっと良い物を見つけたのに」
「あんな大学に入らなければよかった。もっと良い大学に入っていたら、自分の人生も今ごろ変わっていただろうに」
「あんな人と付き合わなきゃ良かった。疲れが残るだけで、良いことは一つもなかった」
「あの会社に入ったから、自分の能力が認めてもらえなかった。だから給料も良くないし、そのせいで恋人も見つからない。もっと良い会社に入っていれば、今ごろはもっと幸せになっていたのではないだろうか……。頑張って生きていく意欲がわいてこない」

およそ、この「後悔」というのは、「自分で決めてやったことだから、しかたがない。自分でなんとかしよう」という気持ちよりも、どちらかというと、現状を他のせいにして嘆いているだけという共通点がありますよね。
また、この「後悔」をずっと繰り返してみたところで、人生が好転していくことは考えにくいことです。むしろ、後ろ向きな姿勢が、物事への積極性を失わせることにつながりかねませんよね。

後悔する場合というのは、「〜していたら、もっと幸せになれたはず」とか、「〜していれば、自分の人生はもっと違っていたはず」といったように、「たら、れば」という仮定をすることがまず先に立ちますね。

前だけを見て

でも、その仮定というのが、必ずしも良い結果を導き出すことにつながるという保障は、どこにあるのでしょうか?
もっと良い大学入れていたら、本当に人生は良い方向に変わっていたのでしょうか。
もっと良い会社に入っていたら、本当に幸せになれていたのでしょうか。
これは単なる妄想であって、根拠はどこにもあるはずがありません。
良い会社に入って、今よりも厳しい環境にさらされることによって、精神的なトラブルに見舞われることだってあるでしょう。仮定の話はあくまで仮定の話です。

このように考えていくと、今置かれている環境のほうが自分にとっては良かったということが言えるかもしれませんよね。
大学を無事に卒業できただけでもありがたいことでしょうし、不景気の中で自分を使ってくれる会社があることにも感謝しなければならないことでしょう。

「たら、れば」で物事を考えることは、決して前向きとは言えません。頭の中であれこれと思慮を巡らせて、最後に残るのは疲れだけですからね。
それよりも、今置かれた環境の中で、精いっぱい前向きに生きていくことに意識を集中するほうが賢明だとは思いませんか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る