人のことが気になる(後編)

人のことが気になる(後編)

前編からの続きです

その本には、実際の野生動物が自然の中で生き残るためにする、群れの秩序を保つための行動について書かれていたのですが、互いに気をつけ、気にし、周囲の自然や他の群れに対してもあたかも先を読むように気を遣っているということに、今までの動物専門家といわれる人たちが認識している以上に驚くべきものがあるということを、長期間の実体験の中から鮮明に描写しているのです。

一言で言えば、野生の世界では、相手や周囲に気を遣えないものは生き延びられないという実態報告なのです。

この著者が、あえて人としての食生活を絶ち、命をかけて得た自然観察体験記録は、まさかと思うことも含めて事実に相違ないであろうと誰もが感じるはずです。
野生動物は、人間に飼い慣らされていくとそれらの習性が薄れ、老いずとも鈍く、あたかも心身ともに老境のようになり果て、自然に戻っても生き延びることが難しい状態になるということは、その道の人たちにはよく知られている事実です。

たとえば、アニメの世界で狼が描かれることがよくあります。飼い主以外には心を許さず、賢く、繊細で、どう猛なその姿を見ていると、野生の狼の習性、能力は、とても現代人が扱える代物ではないなということも、この本で知りました。
種に関わらず、野生はさすが野生で、周囲への気の配り方には鋭いものがあり、これが生き残り術のエッセンスとして学ぶことが多く、大いに感心するものですよね。

「気になる」と「気にする」

こうした事柄を総合的に考えてみると、「気になる」と「気にする」は本質的に違うということに気づくはずです。
前編で述べたように、受け身的な「気になる」ということは、心身ともに弊害があまりにも大きいものですが、それとは区別して、能動的な「気にする」、言葉を変えれば「気配を察する」というのは、非常に大事な感覚にもとづき行われる活動であり、それがあるからこそ良好なコミュニケーションが保たれるのではないでしょうか。

長い進化の歴史を経て身につけた、私たちの内なる自然の感覚が、近代の科学技術による過剰な情報刺激により乱され、鈍化し、失われていく現状を見るとき、行く先を案ずる人も少なくないかもしれません。職場の中でも、繊細な野生の感覚で交わりながら、お互いの気配を察知し、適切な間合いを取ることがうまくなれば、人々のコミュニケーションはもっと向上していくことは間違いないのでしょう。
そのためには、しばらく都会から離れて、自然の静けさに身を委ねるといったような時間を思い切って作ることも、長い目で見ると賢明なことなのではないでしょうか。

そのような野生回帰が気兼ねなく普通にできるような社会になるように、人々が協力し合っていくことも大切なことですよね。

関連記事

PickUp

  1. 船はいつになったら出港するのか
    「船は港にいれば安全だが、船はそのためにつくられたのではない」この言葉を聞いたとき、なるほどなと…
  2. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  3. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  4. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  5. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る