人に頼るな、自分を頼れ

人に頼るな、自分を頼れ

「あの人だけが頼りだ」
「これについては、あの人を頼るほかない」

自分以外の相手に何かを頼り、全面的に依存しては、相手が期待に応えられない場合に不平不満を述べ連ねるという人に、心当たりはありませんか。
自分というものがいったいどこにあるのか分からず、アイデンティティも感じられず、結果的に相手に振り回されているだけで、はたから見ると暗闇の中を迷走しているようにさえ映ることでしょう。

ブッダの死期が近づいたとき、それを知った弟子たちは、これまでは師匠であるブッダがそばにいてくれたからこそ迷うことなく修行に打ちこめたのに、それができなくなる不安から混乱したそうです。
ブッダという存在がなくなったら、何を心の支えとして生きていけばいいのやら、まるで分からなかったのでしょう。
弟子の一人は、ブッダに、「お師匠様が亡くなられたら、何を頼りにして生きていけばいいのか」と尋ねたそうです。
するとブッダは、「仏法と、そして自分自身を頼りにして生きていきなさい。そうすれば、これまで通り、心穏やかに生きていける」と答えたそうです。

この「自分自身を頼りにして生きていく」というブッダの言葉から、「自灯明じとうみょう」という禅語が生まれたそうです。これには「他人を頼るな」という教訓が含まれているのだそうです。

自分を頼ると、自分らしさが出る

もちろん、他人のアドバイスや意見に耳を傾け、参考にすることは大いに結構なことでしょう。
しかし、あまりにもそれらに傾倒すると、どうしても他から入ってくる情報に振り回される生き方しかできなくなります。
いくつになっても生き方が定まらず、自分らしさが出てきません

そのため、あくまで自分の考えを主体として、物事を自分で決めて行動するというのは、とても大切なことになります。
たとえそれによって失敗するようなことがあっても、自らの決断であれば納得できますが、他人の価値観に頼って判断し、結果的に失敗するようなことがあると、後悔しか残らないことになります。
他人を頼って、良いことばかり起こればそれに越したことはありませんが、それによって良からぬ事態がもたらされた場合、今度は言い知れぬ不安や不満を抱えて生きていかなければならなくなります。
こうしたことが積み重なっていくと、どこかで自分自身の生き方を見失ってしまいかねません。

成功するにせよ、失敗するにせよ、自分で考え、自分の責任で前に進むことで、自分自身に納得でき、自分の人生に満足できるようになるはずです。

他人を頼らず自分を頼るとなれば、ときとして背水の陣で物事に臨まなければならないこともあるでしょう。
しかし、それこそが自分を真に成長させてくれるものです。

「自分を頼る」といっても、間違えてはいけないのは、決して傲慢になるということではないですし、他人の話に聞く耳を持たないということでもありません。むしろ、他者を活かし、他者を思いやる生き方(過去記事参照)ができてこそ、自分を信じる生き方ができていくものと確信しています。

自分の人生を他人に賭けるようなマネは、誰もしたくないですよね。

「自分らしさ」という言葉はよく聞きますが、まさに自分を頼りに生きている人こそが自分らしさを発揮できているのでしょう。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る