人と人との板挟みになったら、自分の思いに問うてみよう

人と人との板挟みになったら、自分の思いに問うてみよう

「人と人との板挟いたばさみになった」という経験が、ありませんか?
会社で中間管理職をしている方にも、少なからずこうした経験があるかもしれません。

たとえば、自分の部下が、意気揚々と提案してきた新規事業の企画があるとします。
これに対して上層部の目は厳しく、「こんなリスクの多いものに資金を投入することはできない」と否定的です。
部下のやる気もくんでやりたいし、かといって上層部の顔色もうかがわなければならないわけですね。でも、その事案を放置することはできず、どちらかの〝味方〟になる形をとらなければなりません。
まさに〝板挟み〟状態ですね。

部下の味方になって、一緒になって企画を進めようとすれば、上層部ににらまれることは目に見えています。せっかくここまで勤めあげてきて、部下を持つまでになったのに、ちょっとやそっとのことで上層部との関係を悪いものにしたくないわけです。
かといって、上層部の側に立って、部下のあげた企画を押さえ込もうとすれば、やる気をもって提案してきただけに、部下の反感も相当なものになることが想定されます。

ここでうまく、両者の言い分を反映した〝折衷案〟が立案できれば、まだ事態を打開しやすいのかもしれませんが、なかなかそう容易いものでもないでしょう。毎回毎回、折衷案が出せるほど簡単ではないはずです。

さぁ、どちら側につくのか。非常に悩ましいところです。
こういった事例は、企業の中間管理職にかぎらず、友だち同士のグループであったり、ママ友のグループであったり、PTAであったりと、複数の人とグループで行動する場合には必ずといっていいほど出てくる問題なのではないでしょうか。

自分自身の思いに正直に従って

皆さんは、どう思いますか?
こういうときこそ、本当に大切なのは、「どちらに合わせるか」ということではなく、「自分はどうであるか」ということではないでしょうか。

この場合は、部下が提案してきた企画を、客観的に見てみて、本当に有効なものだと思っているのかどうか。もしくは、どこか改善点はないのか。部下より経験に勝る自分自身が、その企画をどう見ているのか、その考えをはっきりさせていないと、部下から見ても上層部から見ても「頼りない人だ」と映ってしまうことでしょう。
これでは、どちらの味方についてみたところで、意味がありません。

自分が、「この企画はいける」と思ったのなら、熱意をもって上層部に説明し、納得させられるかもしれません。部下も、一緒になって動いてくれる上司をますます信頼するはずですよね。
反対に、「この企画は詰めが甘いな」と感じたのなら、部下にヒントを与えつつ、再考を促すことも立派な役目ですよね。

自分の意見がないままに「どちらにつこうか」なんて考えるのは、自分の立場を気にしているだけに過ぎません。でも、そうした自分本位な考え方というのは、すぐに他人に見透かされてしまいます。
自分の考えを力強く述べ、その考えに基づいて行動するほうが、部下にとっても、上層部にとっても頼りになる人物だというふうに映るのではないでしょうか。

結局は、他者から嫌われることを恐れず、自分自身の思いに正直に従って行動するほうが、有効な結論が見いだせるはずです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る