不機嫌な顔はやめよう!

不機嫌な顔はやめよう!

誰であっても、日常の中で、嫌なことがあって機嫌が悪くなることはしばしばあるものです。

約束を破られたり、思うように物事が運ばなかったり、仕事でありえないようなミスをしてしまったり、それが原因で他人から責められたり……。数えあげればきりがありません。
自分が原因で招いてしまったことであればまだしも、一方的に被害を被ることだってありますよね。

またこうした出来事は、突然やってくるものですから、もちろん心の準備などできていないので、落胆も大きいものだと思います。

機嫌が悪くなって気分が低下していれば、当然、顔の表情もそのような暗いものになります。
一人でいるときはいいのですが、人と会うときなどは、機嫌の悪い表情のままだと相手も嫌な気分になってしまうでしょうし、「なんかムッとしてない? 私、何か悪いことしたかな……」などと、考えなくてもいいことをあれこれと考えなければならなくなります。
よほど気心の知れた仲なのであれば、あまり気をつける必要もないのかもしれませんが、会う人の皆が皆、そうであるわけではありません。

これは、結果的に、自分の機嫌が悪いこととは無関係の相手を、そのような嫌な気持ちにさせていることにほかならないですよね。
冷静に考えてみると、これは単純に申し訳ないことですね。

不機嫌は「罪」?!

詩人、小説家だったゲーテは有名ですが、「人間の最大の罪は、不機嫌である」という言葉を遺しています。

確かに、自分自身が不機嫌になるのは、あくまで自分の問題であって、他人は関係のないことです。なのに不機嫌な表情をして相手を戸惑わせたり、よけいな事を考えさせたりするのは「大きな罪」だと捉えていいのかもしれません。

たとえどんなに嫌な出来事があったにせよ、人に会うときには不機嫌な表情をしていないかどうかを自分でチェックして、あえて明るい表情にするほうが得策ですよね。

あえて不機嫌なままの顔で接して、そのことを相手に察してもらいたい(なぐさめてもらいたい)という気持ちもあるかもしれませんし、「今の気持ちとは正反対の表情を作るほうが不自然だ。自分に正直でいたい」などという考え方もあるかもしれませんが、そうした気持ちは自分自身への甘えからきてはいないか、よく確かめてみることも大切ですよね。

人と接するときに努めて明るく振る舞うことで、自分に起きた嫌なことも忘れられることだってあるはずです。そう考えれば、気持ちを切り替える良い機会にもなり得るわけですよね。

関連記事

PickUp

  1. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  2. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  3. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  4. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…
  5. 人から感謝されると、自分を好きになれる
    自分のことが嫌いになることって、ありますよね。やることなすことすべて裏目に出るようなときには、「…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る