不幸の後には、幸福がやってくる

不幸の後には、幸福がやってくる

南アジアに古くから伝わる民話に、このようなものがあります。

その昔、3人の若者が、川のほとりにそれぞれ立派な家を建てました。そこに嫁が来てくれるだろうという期待を抱いてのことでした。
ところが、大雨で川がはん濫し、3軒とも水に流されてしまいました。
この出来事に際して、若者のうち一人は、「神を呪う」と怒り、もう一人の若者は、「お先真っ暗闇だ」と嘆きました。
しかし、一人の若者だけは違いました。「不幸は過ぎ去った。あとは幸福がやってくるのみ」とつぶやいたのです。
そしてその通りに、その若者には幸福がやってきました。はん濫で溺れかけていた女性を助けて、それがきっかけで親しくなって、結ばれることになったのです。しかもこの女性は貴族の娘だったため、若者は、何不自由のない生涯が送れたということです。

不幸な出来事をポジティブにとらえて

禍福かふくはあざなえる縄のごとし

これは、中国前漢時代の歴史家である司馬遷の言葉ですが、「幸と不幸は、より合わせた縄のようなもので、不幸の後には幸福が来て、幸福の後には不幸がやってくる」という意味を持つそうです。

「家族に問題ばかりがある」
「やることなすこと、うまくいかない」
「突然会社が倒産して、仕事がなくなった」
「人にだまされて、多額の損失を出してしまった」
「突然、大きな病に見舞われた」
私たちの日常には、いつもこのような出来事が突発的に起こるものです。
そして、心の用意ができていないぶん、そのことを嘆きたくなるのは無理もないことですね。
しかし、逆にそのことをポジティブにとらえることができれば、つらい出来事の後には、うれしい出来事がやってくるはずなのです。
そう考えると、挫折とか失敗というのは、事態が好転していく一つのきっかけに過ぎないのかもしれません。

たとえ、「不幸のどん底だ」と思えるような事態に陥ってしまったとしても、そこでちょっと立ち止まり、「これは成功のチャンスがやってくる前触れかもしれない」「これまで以上に幸せになれる機会が訪れるのかもしれない」というように、ポジティブに考えていきたいものですね。

逆に言えば、「やることなすこと、すべてうまくいく」という人は、その期間が長ければ長いほど、気を緩めず、他人より物事がうまくいっていることをおごり高ぶらないように気をつけていたいものですね。どうしても波というものはありますから、有頂天になっていては足元をすくわれることにもなりかねませんね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る