上手な気配りは、幸運をもたらすカギになる

上手な気配りは、幸運をもたらすカギになる

「あの人は、気配りがよくできるよね」

そういわれる人が、身近にもいるのではないでしょうか。
気配りができる、機転が利く人というのは、周囲の評判もよく、それなりの相手から評価される可能性も高いものです。
相手から評価されるということは、当然、今後その相手を通してさまざまな恩恵や幸運を手にできるチャンスが、人よりも広がるということですよね。

戦国武将の石田三成を知らない人はいないでしょう。最近ではよく大河ドラマでもその活躍が描かれていますからね。

三成が子どもの頃、ある寺で雑用係をしていました。しかし、将来は武士になって出世したいという野心を抱いていたそうです。
そんな折、織田信長の家来として飛ぶ鳥を落とす勢いで出世していた羽柴秀吉が鷹狩りの最中に、三成のいた寺に立ち寄ったときのことでした。
秀吉は、「喉が渇いたのでお茶を飲みたい」と申し出、そのときに秀吉に茶を出したのが三成だったのです。
三成は、「秀吉様は、喉が渇いているからゴクゴクと一気に飲み干したいだろう」と考え、一杯目のお茶は大きめの器に、ぬるめにして出したそうです。
そして次に、「喉の渇きが癒えたら、お茶を味わって飲みたいだろう」と考え、二杯目のお茶はやや熱めのお茶を小さめの器に入れて出しました。
それだけでなく、三杯目のお茶は、さらにお茶の風味を楽しんでもらおうと、暑い茶を小さな茶わんに入れて出したそうです。

相手が何を望んでいるか

言うまでもなく、この三成の気配りに秀吉は感心し、三成を家来として召し抱えたとのことです。
その後の三成の出世は誰もが知るところですよね。

気配りが上手な人というのは、そうでない人と比べて、どう違うのでしょうか。
それは、ひとえに、「相手が今、何を欲しているのか。それを推察できたら、それを機敏に提供する」ということに尽きると思います。
口に出さずして自分が欲するものを提供してもらえるなんて、相手にとってこれほど嬉しいことはありませんからね。

また、一つ補足をしておくと、このとき三成は、秀吉に気に入ってもらおうという気持ちよりも、秀吉に「喜んでもらおう」という気持ちのほうが強かったに違いありません。
これが、「○○○をしたら、○○○をしてもらえるだろう」という計算から行ったことだったら、心の目が曇り、相手が本当に欲しているものが分からなくなるはずです。
純粋に「喜んでもらいたい」という気持ちが、心の目を澄んだものにし、相手が本当に欲しているものを見抜けることで、相手の心をつかむのだと思うのです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る