ネット上で誹謗中傷を受けたときには……

ネット上で誹謗中傷を受けたときには……

皆さんは、ブログを書いたことはありますか?
ブログに限らず、自分のホームページを持っていたり、ツイッター、LINE、フェイスブック等々、ソーシャルネットワークと呼ばれるシステムを利用している人も少なくないはずです。

便利になりましたよね。いつでも手軽に自分の主張をネット上に書き込むことができるなんて。
主張するだけではなくて、未だ会ったことのない不特定多数の人と交流することができるから、好奇心が駆り立てられますよね。

そんなとき、相手が良い人ばかりだったら良いのですが、ときには「荒らし」と呼ばれる人たちが出没し、悪意のあるコメントを残していきます。
「荒らし」とまではいかなくても、予想だにしないような誹謗中傷のコメントが付けられることもあります。
見ず知らずの人から、相手を傷つけようとするコメントが寄せられると、心の準備ができていないぶん、精神的なダメージを受ける場合もあります。

これは、多くの方が経験していることだと思います。

「なんで、こんなこと言われないといけないの?」
「相手はどんな人かな、怖そうな人なのかな」
「この人が憎くてしょうがない。絶対に反論してやる」
便利なはずのネットを使ったばかりに、そんな思いになってしまうと、とても穏やかでない、不安な気持ちになってしまうことでしょう。

本当の自分に向けられた悪意ではない

でも、これは、よくよく考えてみると、コメントしてきた相手は、たいていの場合、自分のことをよく知らない人のはずです。特殊なケースをのぞいては、その相手と会ったこともないでしょうし、まして直接話したこともないはずです。
相手は自分のことを、どんな人間で、どんな背格好をしていて、どんな顔をしていて、どんな性格の持ち主かなど、まったく知らないはずなのです。
このことを知っていると、たとえ誹謗中傷のコメントを寄せられたとしても、それはネット上の架空の「自分」に寄せられたものであって、「実在する自分自身」に寄せられたものではないということが分かりますし、ネット上の悪しき書き込みは気にならなくなるはずですよね。

「自分自身に起こったことを、ちょっと離れたところから客観的に眺めてみる」ということができれば、こうした点に気づくことはできるはずです。

良からぬ書き込みをしてきた相手は、たまたまそのホームページやブログを見つけ出して、ちょっと興味を持って「からかってやろう」程度の気持ちでコメントしてくるようなケースがほとんどでしょうから、それを真っ正面から受け止めて悩むというのは、お門違いだとも言えますよね。

嫌な思いをしたとしても、この原理を忘れずにいられれば、誹謗中傷などを受けても、落ちこまずにすむはずです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る