ツラい現実を真っ向から受け止めてみる

ツラい現実を真っ向から受け止めてみる

つい私たちは、ツラい出来事があると、そのことから逃れよう、逃れようとしがちです。
このツラい事さえなければ、私は幸せなのに……」「この問題さえなければ、私は心を軽くして生きていけるのに……」と。
でも、頑として立ちはだかる現実の壁は、そんな想いを持とうにも、一向に去ってくれる気配はありません。

それどころか、目をそらしているほどに、かえってその問題は大きくなっていくばかり、といったところに、思い当たる節はないでしょうか。

「冬に寒くてしょうがないときには、どうすればいいですか? 夏、暑くてたまらないときには、どうすればいいですか」
9世紀頃の中国で、ある禅の修行者が師匠にそう尋ねたそうです。
すると師匠は、「寒いときには、寒さに徹しなさい。暑いときには、暑さに徹しなさい。それが寒さ、暑さの辛さから逃れる唯一の方法だ」と答えたとのことです。

ここでの「徹する」という言葉には、「やたら嫌がるのではなく、それを受け入れる」といった意味があるそうです。
いわば「徹する」というのは、「寒くてあたりまえ」「暑くてあたりまえ」という前提のもとで、それを完全に受け入れると、「自分は耐え忍んでいる」という認識が薄らいでくることによって、意外と「ツラい」という気持ちがないことに気づくはずなのですね。

その過酷な状況があたりまえだと認識できるようになると、それをツラいと思う気持ちに押しつぶされることなく、それを克服する知恵や力量が自ずと身についてきて事態が好転する、ということでもあるのでしょう。

引力によって地面に押さえつけられている私たち人間は、それをごくあたりまえのこととして受け止めており、落下事故などの特異なケースをはぶいては、ふだんの暮らしにおいて、それを特段「ツラいこと」「苦しいこと」と思うことは、まずないと思います。
その中で、幸せを感じることも十分にあるわけですね。

避けようとせず、真っ正面から受け止める

目の前にある現実を中途半端に受け入れ、その現実を避けようとしたり、「いつまで耐えなきゃいけないのか」と嫌がる気持ちがあると、それが自分の中で耐えがたいほどどんどん大きくなっていってしまいます。

たとえば、滝に打たれる荒行をした直後に、多少寒いところに身を置いたとしても、平然としていられるはずです。荒行というと、例えが少々飛躍してしまいますが、納得のできる話ではないでしょうか。

人は、「楽をしたい」とか「快楽を得たい」という気持ちが大きくなるほどに、苦境に際してはそれを遠ざけたい気持ちが優先されます。
なにも寒さ、暑さにかぎったことではなく、人生の中で苦しい状況が訪れたとしても、それを「嫌だ」とか「ツラい」という気持ちが強くなると、その事柄を放置してしまい、問題も日に日に大きくなっていくことでしょう。
そうなると、気持ちも滅入っていくばかりですね。

決して逃げようとせず、問題を真っ向から受け止め、真っ正面から取り組んでいくと、他人がツラいと感じることがツラくなくなるはずです。

世の中で大きな成功を収めた人や、信じられないような偉業を達成した人たちというのは、この「現実との取り組み方」が人並み外れて優れていたのだろうと思います。

あえてその苦境の中に飛び込んで、困難を克服してやろう!という気概こそが、大きく人生を好転させていく原動力になると言って間違いはないはずです。

関連記事

PickUp

  1. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  2. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  3. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  4. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…
  5. 人から感謝されると、自分を好きになれる
    自分のことが嫌いになることって、ありますよね。やることなすことすべて裏目に出るようなときには、「…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る