ツラい出来事の裏には、喜ばしい出来事がある

ツラい出来事の裏には、喜ばしい出来事がある

面白い話があります。

その昔、京都のあるお寺の門前に暮らしていたおばあさんが、天気が良くても、雨が降っても、泣いてばかりいました。
ある日、お寺の住職が、そのおばあさんに「なぜ泣いてばかりいるのか」と尋ねました。
すると、おばあさんは、「私には二人の息子がいる。一人は傘屋、もう一人は履きもの屋をやっている。天気の良い日は傘が売れないから、傘屋の息子がかわいそうで泣けてくる。雨が降る日は履きものが売れないから、履きもの屋の息子がかわいそうで泣けてくる」と答えました。
この話を聞いた住職は、おばあさんに、「雨が降ったら、傘屋の息子がもうかると思って喜べばいい。天気が良ければ、履きもの屋の息子がもうかると思って喜べばいい」と話しました。
それから、おばあさんは、毎日、心穏やかに笑って暮らせるようになりました。

実話にせよ架空の話にせよ、この話を聞いてまず思ったのは、なんてネガティブなおばあさんなんだ、と(笑)

まあ、それはさておき、同じ現象を目の当たりにしても、自分の考え方、とらえ方次第で、それを喜びとするか苦悩とするかがはっきりと分かれてくるということですね。

自分の考え方しだい

同じ物事でも、そこには「良い面」と「悪い面」があるということは、よく耳にすることだと思います。
このおばあさんの話などは、まさにそれですよね。初めは「悪い面」ばかりを見て泣いていたおばあさんが、住職の話によって「良い面」を見ることができるようになり、コロッと変わったように笑って暮らせるようになったわけです。

とはいえ、もうちょっと謙虚になって、「雨が降ってくれるから息子の傘が売れてありがたい」「晴れてくれるから息子の靴が売れてありがたい」くらいに思って、お天道様に感謝するくらいの心の豊かさがあると、生きていくのがとても楽だと思うのですが。
まして、雨が降ろうが天気が良かろうが、当の息子たちがそれを気に病んでいなければ、何も問題はないはずなのに、おばあさんだけが一人で勝手に悲しんでいたというのも、まさに取り越し苦労と言わざるをえませんよね。

とかく私たち人間は、物事の悪い面にばかり目がいく性質を持っていますよね。それも、自分のことや、自分の身近な存在である家族のこととか、どうしても固執しやすいものに対して、つい悲観的になるクセがあるようです。
語弊がありますが、他人だったらどうでもいいわけですからね(言い過ぎました! m(_ _)m )。

日常、どんなささいな出来事であっても、どんなに自分にとって都合の悪い出来事が起きたとしても、その悪い面ばかりに目をやると、ツラさだけを感じながら生きていかなければなりません。しかも、その事態が簡単に変えられないとなると、なおさらでしょう。
そうではなく、その起きた事態によって、「逆に、こういう利点が生まれるぞ」とか、「こうなってみなければ分からないことがあった!」というふうに、良い面に気持ちを向けることは、後々、とても得することになりますよね。

これはなにも慰めで言っているわけではなく、実際にそうだと思うのは、私だけではないはずです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る