イヤなことを忘れるコツ

イヤなことを忘れるコツ

「自分がしたことに対して、思ったほどの評価を得られなくて、ガッカリした」

「自分のほうが能力があるはずなのに、同僚ばかり評価されて悔しい」

「上司にこっぴどく叱られて、イヤミすら言われて、落ち込んだ」

「ずっと好きだった人が、別の人と付き合い始めた」

「好きな人に思いきって告白したけれど、フラれてしまった」

「貴重品を入れたバッグをなくしてしまった」

「大切な大切なデータを保存してあるパソコンが壊れてしまった」

このような出来事というのは、誰にとっても数えきれないほどあるのではないでしょうか。
朝起きてから、夜寝るまで、こうしたイヤな出来事にいつ見舞われるか分かりません。
そのたびごとに暗い気持ちにならなければならないし、落ち込んでしまっていつまでもイヤな思いを引きずってしまうタイプの人だっています。
クヨクヨ考えてみても、そこに解決策は何もないということが分かっていても、なかなかその落ち込んだ状態から抜け出すことができません
今日も、明日も、次の日も、またその次の日も、クヨクヨした気持ちを引きずっていくことになってしまいます。

没頭できること、熱中できることを用意しておく

こういう状態では、明るく、元気に、前向きに生きていくことが、なかなか難しいことになってしまいます。これは心の問題だけではなく、健康上においても良くないでしょう。

こうなると、いかに上手に気持ちを切り替えられるかがポイントになってきますよね。

イヤな出来事というのは、残念ながらいくらブロックしようとしても必ずといっていいほどやってくるものですから、自分が気持ちを上手に切り替えられなければ、それに振り回されたまま生きていかなければなりません。

でも、「気持ちを切り替える」といってみても、頭の中で「切り替えよう、切り替えよう」と思うだけでは、なかなかそうはできませんよね。むしろ、かえってそのことが強く気になってしまうことになるかもしれません……。

よく言われることですが、たとえば趣味を持っておくと、こういうときに非常に役に立ちます。
自分が没頭できる趣味を持っておくと、イヤなことがあってもそれを忘れて熱中することができます。
気がつけば、気持ちが切り替わり始めていることに気づくはずです。
また、何でも言い合える友人を持っておくことも良いと思います。
イヤな出来事を洗いざらい友人に聞いてもらい、楽しいおしゃべりにでも発展すれば、イヤな気持ちを切り替える良いきっかけになると思います。

イヤなことをずっと考えていても、出口は見つかりません。他のことに意識を向けられるように自分で工夫をして、忘れてしまうのが、次のステップに進めるための近道だと思いませんか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る