まずは、息を「吐く」

まずは、息を「吐く」

いけないことだと分かっていても、身体に悪いと分かっていても、ついイライラするということは、誰にでもあることでしょう。たとえどんな偉人であっても、一年中、イライラすることなく穏やかな気持ちで暮らすことなど、とうてい無理ですよね。

ある有名な僧侶の話によると、たとえイライラすることはあったとしても、そのイライラを長続きさせることはないそうです。なぜかというと、そのイライラを取り除く方法を知っているからだそうです。

ではその方法とは何でしょうか。
答えは、「呼吸」です。

僧侶が坐禅を組むときに、常に心がけているのが呼吸法なのだそうです。
ただ漠然と呼吸をするのではなく、呼吸に神経を集中させます。
おへその少し下あたりにある丹田という部分で息をするようなイメージを持つことを心がけます。
そして、肺に空気を入れようとするのではなく、お腹に空気を入れるというイメージで呼吸をします。
肺で呼吸をしようとすると、呼吸が高まっていき、「ハアハア」というような声になって、やがてそれが肩のほうまで上がってしまうそうです。
こうなると、身体全体が緊張した状態になってしまうとのことなのです。

「吐け」ば、自然と「吸う」

そして、ここが肝心なのですが、まずは息を「吐く」ことに神経を集中させるのだそうです。
たとえば私たちは、意識して深呼吸をしようとすると、まずは息を大きく吸い込むところから始めますよね? 「スー、ハー」という擬態語に表されるように、たいていは空気を吸うところから始めると思います。
これを、意識して「吐く」ところから始めてみるのです。

「呼吸」という字を見ると、頭にくる字は「呼」ですね。この「呼」は、他ならぬ息を吐くことを意味しています。息を吐きさえすれば、自然と、次には息を吸おうとするものですよね。そうしないと生きていけないわけですから、無意識に「吸う」という次の動作に移ります。

その僧侶は、イライラしたり、怒りの感情が抑えきれなくなりそうなときには、必ず自分自身の呼吸に目を向けるそうです。

そして、まずは、ゆっくりと息を吐き出してみる。そして、自然に息を吸っている。

この呼吸をまずは3度でも繰り返してみれば、たいていはイライラや怒りの感情も薄らいでくるそうです。
日ごろ、丹田を意識して呼吸することなんてないと思いますが、この呼吸法を心得ているだけで、心身をコントロールできる条件を備えることになるそうです。
方法としては、とても簡単なことですよね?

どうしようもなくイライラしたとき、カリカリしたとき、怒りの感情が爆発しそうになったときに、ぜひこの呼吸法を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

PickUp

  1. どうなったことを「幸福だ」というのか?
    一言で「幸福な人生」と言っても、それは実際にどういうものなのか、具体的にイメージしている人は、ほぼ皆…
  2. 船はいつになったら出港するのか
    「船は港にいれば安全だが、船はそのためにつくられたのではない」 この言葉を聞いたとき、なるほどなと…
  3. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。 こういった人生を歩んでみたい。 日々、大きな夢や理想を描いて…
  4. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。 何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  5. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。 あるいは、いま常…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る